みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第3029号 【 防寒服予報 】自分の体感に合わせて服を提案。

【企画公開日】2015 .11. 25.(水)

寒い! 今朝の名古屋は寒い。。。
きょうは出張で今、駅でメルマガを書いています。

名古屋のこの寒さは、出張先ではどうなんだろう?
着込んでも現地が寒くなければコートが邪魔になるし、
名古屋より寒いならもっと着込んで行くべき。

そこで、こんなサービスを思いつきました。
自分の「体感温度」に合わせてくれるから、
寒がり、暑がりにでも大丈夫!

▼【 防寒服予報 】

●スマホで明日の天気予報を見ます。
日本地図上に各地の天気予報が表示さます。

「明日は、寒くなるのか・・・」

●しかし、気温の数字上ではきょう(現在地)より寒くなる
という予報ですが、体感的にはどれくらい寒くなるのか?

●そこで、「防寒服予報」。このサービスでは、
ユーザーの体感温度で明日着る服を提案してくれます。

●例えば、出張前夜に予報を確認したとします。
(1)現在地(自宅)地域できょう着た服を選びます。
   例えば、薄手のセーターに少し厚手のジャケット
(2)すると、気象情報の気温や風の強さに連動して、
   出張先での服装を提案してくれます
   「ジャケットの上に薄手のコートを羽織った方が良さそうです」
(3)画面上には、薄手のコートのイラストが表示されます。

●この情報は、その日の気象条件に着た服が基準となり、
予め登録した個人情報(暑がり・寒がり)を考慮して、
出張先(旅先)の現地の気象条件にあった服装を提案してくれます。

●これならユーザーにとってベストマッチの服装が選べますよね!
事前に自分が持っている服装を登録しておけば、自分の服から選んで
提案することもできます。

●このサービスのビジネスポイントは「提案する服」にあります。
アパレルメーカーは事前に広告情報を登録しておくと、
ユーザーに服装を提案する際に一緒に画面に表示されます。

●これこそジャストタイミング!
ジャケットやコート以外にもインナーでも提案できます。

●現地での移動手段(タクシー・徒歩・バス)項目を設け、
ユーザーが入力すれば、マフラーや手袋も提案できます。

●なお、利用後に「暑かった」「少し寒かった」と入力すれば、
フィードバックにより精度の高い提案も可能になります。

★アイデアコンセプト★『 「体感」がユーザー心をくすぐる 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議