みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3026号 【 あんしんナフキン♪ 】みんなで気づき、楽しい給食。

【企画公開日】2015 .11. 20.(金)

「食物アレルギーは1才未満の乳児で最も多く発症しますが、
厚生労働省の調査によると小児から成人まで幅広く認められています。
最近では様々な食品にアレルギーが認められようになってきたのも特徴で、
以前ではみられなかった果物・野菜・芋類などによる食物アレルギーの報告も
されています。(厚生労働省)」

現在では、国民の3人に1人が何らかのアレルギーを持っていると言われています。
幸い私も家族もアレルギーはありませんが、間違ってアレルギーの食品を
口にしたら、命に関わることもあります。

そこで、幼稚園や小学校でアレルギーによる事故を減らすために、
こんなナフキンはいかがでしょう。かわいいワッペンがGOOD!

▼【 あんしんナフキン♪ 】

●給食の時に使うナフキンに自分の食物アレルギーをワッペンで表示します。

●例えば、「牛乳」であれば、牛乳パックや牛のワッペンを
ナフキン(例:右上)に縫い付けます。これによりあってはいけないですが、
間違って牛乳を配膳することがなくなります。

●先生がバタバタして見落としたり、児童本人も友達との会話に夢中で
忘れていたりしても、最後に机の上に給食を置いた時、
ナフキンのワッペンで気づきます。

●ワッペンを縫い付ける位置は、決めておいた方が
より気づきやすく、見落としません。

●ワッペンは単品で販売し、「食べてはいけない(禁止)」ことを
可愛く、物々しくならないようにプロのイラストレーターが
デザインするといいですね!

●食物アレルギーは増えたり減ったりすることもありますので、
ワッペンなら簡単に付けたり外したりできます。

●また、万が一口にしてしまった場合のために、
少し大きめの布に、「対処方法」や「緊急連絡先」を載せて
ナフキンの裏面に貼り付けることで、周りの人が冷静に対処できます。

●プライバシーの問題もありますので強制はできませんが、
年度始め(新学期)の4〜5月期間は、食物アレルギーワッペン付きナフキンを使い、
慣れてきたら普通のナフキンに替えてもいいと思います。

●ナフキンだけでなく、箸バージョンもいいかも。
箸の持ち手の方にネジ式で差し込む方法です。

★アイデアコンセプト★『 行動習慣 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議