みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3001号 【 電車用マジックハンド 】電車を利用するお年寄りの必需品?

【企画公開日】2015 .10. 14.(水)

満員電車でのこと。
つり革に手が届かず、座席の手すりも近くにないお年寄りが、
人の揺れに身を任せている姿を見ながら考えてアイデア。

便利というよりは安全対策として、
あってもいい商品です。

▼【 電車用マジックハンド 】

●満員電車に乗りました。
カバンから「電車用マジックハンド」を取り出します。

●「電車用マジックハンド」は伸縮機能があり、
伸ばしてつり革がぶら下がっている棒に
「電車用マジックハンド」の先端を掴ませます。

●先端にはゴムが付いていて滑りにくく、
なおかつ角度もロックできます。
「掴み→ロック」をすることで
多少電車が揺れても安心です。

●この「電車用マジックハンド」は、
出入り口の手すりにも、座席の手すりにも、
「掴み→ロック」することができます。

●先端は人間の手に似た構造であれば、
よりいろいろな物をつかめますね。

●素材はアルミ製で軽くて丈夫。
持ち歩くにも便利です。

●こんな「電車用マジックハンド」はいかがでしょう。

●使い方は「手すり」だけではありません。
床に落ちた物を屈まなくても取れたり、
キャリーバックが動かないように固定したり、
盗難に遭わないようにロックしておくこともできます。

●人によっては、他人が使ったつり革や手すりが苦手な人は、
「マイつり革(手すり)」としても使えます。

●一見おもちゃっぽいですが、日常生活でも使えます。
握力が弱くなって、物が掴みにくくなった高齢者や、
怪我で身体の自由がきかない場合でも利用できます。

●自撮り棒が流行りましたが、
この「電車用マジックハンド」がよっぽど
使い道があり、役に立つと思います。

●面白グッズではなく、「身体補助機器」として、
開発してはいかがでしょう。

★アイデアコンセプト★『 身体補助機器 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議