みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2999号 【 雨が降ってもできる!「レインワァーカー」 】使い終わった後のことも考えています♪

【企画公開日】2015 .10. 9.(金)

バーベキューや運動会見学の際も役に立つ「カンタンタープ」。
少年野球の時も本当に重宝しています。考えた人、偉い!

この「カンタンタープ」をちょっと工夫して、こんな商品を考えてみました。
雨の日でも、真夏の日差しでも、夜の作業でも、活躍します。

▼【 雨が降ってもできる!「レインワァーカー」 】

●「カンタンタープ」の構造を利用して、
たたみ一畳程度の「カンタンタープ」を作ります。

●このミニカンタンタープには、四隅の支柱に大きめのタイヤが付いていて、
横や縦に移動することができます。大きめのタイヤなので、土の上でも
楽に移動することができます。

●このミニカンタンタープの名前は、「レインワァーカー」。
そう、雨の日でも農作業ができる優れもの!

●畝に沿って「レインワァーカー」を移動させながら農作業ができるのです。
苗を植えたり、種を蒔いたり、草引きもできます。雨はタープに遮られるばかりか、
屋根伝いに支柱に一旦貯められます。なぜ貯めるのか?

(理由 その1)通常のタープの構造では雨が屋根に溜まってしまうため、
 屋根に溜まらないように逃がす役目をします。

(理由 その2)溜まった雨はポリタンクに入れて貯水します。
 畑の多くは水道が通っておらず、水やりに困ります。
 そのため、こうして雨水を溜めておくと便利です。

(理由 その3)風対策。カンタンタープは風に弱く、
 風が強い日は吹き飛ばされる恐れがあります。
 そのため、重石の役割もあります。

●もし、支柱にタンクがいっぱいになれば下のコックから徐々に抜けていきます。
そして最後は農作業終了後、土で汚れたタイヤを支柱の水で洗い落とせます。

●ね、なかなかいいでしょ♪
えっ、雨の日に作業することなんて少ないって?

●いやいや、今週どうしても苗を植えたい日があったりしますよ。
また、活躍するのは雨の日だけではありません。

●例えば、「レインワァーカー」の支柱にライトが取り付けられたら、
どうでしょう? 夜でも作業できますよね。

●さらに四面に目の細かいネットを垂らし、蚊帳にしてたら、
夏のヤブ蚊対策にバッチリです!

●また、夏といえば、日差し。
タープ本来の日差し避けとしても、活躍します。
バッテリー式の扇風機だって、取り付けられます!!

●「レインワァーカー」は、畳のように長方形にしたら、
縦使いの時は細い畝で利用でき、横使いは二人作業で使えます。

●どうでしょう? アウトドアに必需品になったかんたんタープですが、
農作業にも必需品になりそうです♪

★アイデアコンセプト★『 遊びココロ 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議