みんなの企画部

2544

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第2980号 【 取材総力戦.TV 】リアルタイムの情報はネットよりテレビが強い。

【企画公開日】2015 .9. 9.(水)

今(9日AM)、私は台風が過ぎ去るのをメルマガを書きながら待っています。

名古屋に台風が直撃するのはここ最近なく、電車も止まり、
不測の事態に備えておりますが、外は異常に静かです。。。

台風情報はパソコンでもスマホでも得られますが、
情報の鮮度でいったら、やっぱりテレビが一番ですね。

そこで、テレビのリアルタイム性と取材能力を活かして、
こんなサービスを各局協力して提供してはどうでしょう。
テレビ離れの若者を引き寄せるチャンスになるかも?

▼【 取材総力戦.TV 】

●NHKは別にして、民放各社は情報番組の合間に
「台風情報」を放送しています。

●各地からの中継や台風の進路、今後の予想など、
短時間で的確に情報を伝えています。情報はこれに事足ります。

●そこで、この「台風情報」を各局が持ち寄り、
一つのネット番組を構成します。その名も、

「取材総力戦.TV」

●「台風情報」を番組内で放送した直後から、
このサイトにUPされ、各局の「台風情報」が
パソコンやスマホで“数珠繋ぎ”に観れます。

●アクセスした時点の最新映像が最初に観れますが、
さかのぼることもできます。

●「こんなサービス作ったら、よりテレビを観なくなるのでは?」
というご意見もあると思います。しかし、現実はどうでしょう。
視聴率がどんどん下り、共働きが増えている今、
午前や午後に放送されている情報番組を
在宅で観ている視聴者がどれだけいるでしょう?

●そのため、「取材総力戦.TV」をきっかけに視聴者を呼び戻す戦略に
転換したらどうでしょう。各局が“数珠繋ぎ”に観れるため、
違いがわかりやすく、視聴回数も測定できます。

●「台風情報」だけでなく、事件・事故のテーマごとに映像を集め、
「取材総力戦.TV」で閲覧可能にします。

●取材能力や番組の構成力はテレビ局の強みです。
テレビの力を発揮するために総力を結集してはどうでしょう。

★アイデアコンセプト★『 最後はコンテンツ力 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。