みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第2744号 【 地方創生に「トレイ・バス専用車」 】空き家を宿にするスタートプラン。

【企画公開日】2014 .9. 5.(金)

「地方創生」を重点政策に揚げる第二次安倍改造内閣が始動しました。
今朝(2014.09.05)の日経の社説が「潜在力を生かしてこそ『地方創生』」
というタイトルでした。

正直、お国に過度な期待はしておりませんが、こうして報道され、
地方に少しでも目がいくことは悪い事ではないと思います。

さて、都会同様、地方でも「空き家」が社会問題になっております。
総務省の調べによると、全国の空き家が820万戸あり、
総住宅戸数の13.5%が空き家だそうです。

活かさない手はないですよね。
そこで、こんなアイデアがひらめきました。
水回りだけは最新でいたい人も多いのでは?

▼【 地方創生に「トレイ・バス専用車」 】

「田舎の古民家に泊まってみたい」

●そんな需要は結構あると思います。私も泊まれるなら、家族で泊まりたい。
庭付きの古民家なら、近くに観光スポットや施設がなくても自然があれば
十分楽しめます。

●しかし、一つ問題が発生します。
それは、トイレとお風呂。

●ウォシュレットや全自動で温度調節をしてくれるお風呂に慣れた現代人には、
トイレとお風呂も“古民家風”では耐えられないでしょう。
大人は我慢できても子供は絶対に嫌がり、「もう帰りたい!」と言い出すはず。

●だからと言って、宿泊用にトイレもお風呂もリフォームしていたら、
初期投資がかかりすぎて事業が進みません。(水回りはお金がかかります)

●そこで、「トレイ・バス専用車」を用意し、宿泊する時だけ出動して、
古民家に横付けして使用する方法はいかがでしょう。
キャンピングカーのように牽引式の車両です。

●これなら、宿泊用にリフォームするコストは抑えられ、軒数も増やせますよね。
泊まれる宿が多いエリア、人気が出ると思います。古民家ならスペースもあり、
建物に横付けするのは問題ないと思います。

●宿泊は週末だけの利用が多く、閑散期もあります。
そのため、使わない時はイベントに使ったり、他地域への貸し出しもできます。

●また、故障やトラブルが発生するのも「トイレ・バス」が多いので、
民家とセパレートの方が修理やメンテナンスの対応しやすいですよね。

●もし、宿泊した古民家が気に入り、買いたい方がいれば、
その時、トイレ・バスはリフォームしたらどうでしょう。

●海外に行ってもトイレ・バスは気になります。
“世界一”清潔な環境にいる日本人には、満足度UPには、
「トイレ・バス」の充実度は欠かせません。

★企画の一番搾り★『 使う時だけ 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議