みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第2692号 【 商店街スポーツパーク構想 】こんなに巨大な屋内施設は他にない!

【企画公開日】2014 .6. 17.(火)

Facebookを見ていたら、私の知り合いが商店街の活性化について、
議論した様子を写真付きでUPしていました。商店街か…。
私の出身の岐阜にも「柳ヶ瀬」という有名な商店街があったなぁ。。。

こういう案件も手伝ったことありますが、一番の問題は内部の方々が
本気で「商店街全体の活性化」を考えていないことなんだけどなぁ…。
(自分の利益誘導ばかりで、正直、うんざりした経験があります)

まぁ、小手先のことばかり考えてもブレイクスルーはあり得ないので、
どうせなら、これくらい大胆は発想でいかがでしょう。
全天候型の巨大施設なんて、そうそうありませんから。

▼【 商店街スポーツパーク構想 】

●アーケードのある商店街を「スポーツパーク」にしてしまおうという発想です。
ランニングやウォーキングが流行りですが、高齢化社会がますます進行する中、
このブームは息が長いと思います。

●そのため、“全天候型”のアーケードを利用して、ランニングコースあるいは、
ウォーキングコースを整備してはいかがでしょう。

直線しかアーケードがない場合は、折り返し地点を作り、
片側通行にしてランニングあるいはウォーキングを楽しみます。

●岐阜の「柳ヶ瀬」のように縦横無尽にアーケードがある場合は、
コース設定をして、「ランニング専用コース」「ウォーキング専門コース」を作れば
より快適に運動ができます。そうでなくてもタイムスケジュールを作って棲み分けします。

●さらに、コース沿いの空き店舗は「ランニングマシーンルーム」や「ヨガ教室」を
整備したり、ロッカーや着替える部屋も空き店舗を使って設置します。
人気が出てきて「シャワールーム」の要望があれば、これも空き店舗を活用して設置します。

●混雑する時間帯は、時間制限を設けて順番に利用する仕組み(会員制度)も導入します。
順番待ちの間は、商店街内の他のスポーツ施設を利用したり、喫茶店でコーヒーを
飲みながら待ちます。

●運動が習慣の方は、雨が降っても雪が降っても運動したい人たちで、
運動しないと身体がうずうずします。
そのため、こんな“全天候型”のランニングコースがあったら嬉しいですよね。

●高齢者のウォーキングにしても、夏場の猛暑や道路の照り返しは、熱中症の危険性があり、
とても健康的とは言えません。また、万が一体調を異変を感じても周りに人がいますので、
すぐに対応できます。

●夜間にランニングやウォーキングをする方も多いですが、
防犯対策も街中よりは商店街の方が整備しやすく、
多くの方の目もありますので、女性でも安心して利用できます。
※ただし、夜間の騒音もありますので、夜間・早朝の利用時間は設けます。

●今、耐震性がない老朽化したアーケードを撤去する商店街も増えてきました。
改修費用や維持管理費用を考えると仕方がないかもしれませんが、
最後の手段として「スポーツパーク」化を試みてはいかがでしょう。

●「健康」については、人間の永遠のテーマであり、
国も「医療費削減」のため、積極的に動いています。

●時代の流れからして、正直、商店街で買い物をするという発想は、
捨てた方がいいと思います。

●まずは、人が集まるために何をすべきか?

●夕方、お母さんはランニングをしながら、子供の塾(商店街の中)が終わるのを待つ、
ということも想定できます。

★企画の一番搾り★『 うちにあって他にないものは? 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議