みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2661号 【 アートフラワーで毎日を彩る 】交換無制限でも成り立つビジネス?

【企画公開日】2014 .5. 1.(木)

先日、実家に帰った時のこと。トレイに入ると万年咲いている“花”があります。
そう、造花。この造花は何年も飾ってあり、よく見ると色あせて、ホコリがかぶっています。

手間要らずで彩りが楽しめる造花ですが、
さすがにこれだけほったらかしでは寂しいですよね。。。

造花はアートフラワーと呼ばれていて、病気や高齢者施設などデリケートな心遣いが必要な場所や、
レストランやブティックなど、花粉や香りがお邪魔になる場所に人気だそうです。

そこで、アートフラワーでこんなサービスを考えてみました。
ちょっと新しい形の購入方法です。

▼【 アートフラワーで毎日を彩る 】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
食卓テーブルにピッタリの30cm台のアートフラワー
【購入価格3,000円(仮)】
ただし、3ヶ月間交換無制限!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●どういうことかと言うと、まず店頭で気に入ったアートフラワーを
3,000円で購入します。

《case01》購入したアートフラワーを自宅に持ち帰り、飾ってみる。
すると、イメージと違ったとなれば、再度来店して他のアートフラワーと交換。
気に入るまで交換できます。

《case02》購入したアートフラワーを飾って1週間。
そろそろ飽きてきたので、再度来店して彩りの違うアートフラワーと交換。
毎週でも交換できます。

●つまり、3,000円で3ヶ月間のレンタルサービスのようで、返却しなくてもいい購入方法です。
(ただし、交換の際は古いアートフラワーは返却します)
お店に来店すれば、毎日だって新しいアートフラワーと交換できます。

●このビジネスのポイントは、アートフラワーは劣化しにくいことです。
飾る期間が短ければ短い程、ホコリや色あせはなく、
それだけ返却後のメンテナンスも楽になります。

●そのため、店頭に置いてあるアートフラワーは必ずしも新品ではありませんが、
メンテナンスをしているから新品同様の商品になります。

病院や店舗向けのレンタルサービスは既にありますが、
一般家庭には、ちょっと大げさでレンタル料も負担になります。

●しかし、上記のように買い取りとはいえ、期間内なら交換できるというサービスなら、
気軽に購入し、飾ることができ、自宅でアートフラワーを楽しむことができます。

●ビジネスの常套手段として、囲い込みがありますが、
正直、囲い込まれて嬉しい顧客は多くはないと思います。

●馴染みのないサービス・商品ほど、付かず離れずの距離感で
お試しをしてもらうサービスを用意してはどうでしょう。
信頼関係を築くには時間がかかります。

★企画の一番搾り★『 付かず離れずの距離感 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議