みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第2637号 【 100円塾弁 】お父さんもお母さんもランチは、あの弁当屋さんの理由は…。

【企画公開日】2014 .3. 27.(木)

「塾弁」って、ご存知ですか?

お子さんがいるご家庭ならご存知の方も多いでしょう。
「塾弁」は、その名の通り塾で食べるお弁当で、お母さんの手作りあり、コンビニ弁当あり、
夕食を提供している塾もあるそうですよ。

授業が終わった後は部活で、その足で塾へ駆け込み、夜10時まで勉強となると、
塾で授業の合間に「お弁当」でも食べないと育ち盛りの子供は倒れちゃいますよね。

しかし、毎回お母さんが作るのも大変だし、ただでさえ費用がかかる授業料に加え、
食費(お弁当)もかかっては家計も大変です。そこで、こんなサービスはいかがでしょう。
偏ったお弁当(塾弁)で肥満になる子もいるそうです。

▼【 100円塾弁 】

●お弁当チェーンを例に紹介します。

・お父さんはランチタイムに会社近くのお弁当チェーンA店でお弁当を450円で買います。
・お母さんもランチタイムにパート勤務近くのお弁当チェーンB店でお弁当を360円で買います。
・そして、子供は塾に行く前に、塾近くのお弁当チェーンC店でお弁当を100円で買います。

●100円!? 理由は3つあります。

《100円の理由 その1》
「学生支援!ファミリー割引」を設けます。
お父さんがお弁当を買うとポイントが貯まります。
お母さんがお弁当を買ってもポイントが貯まります。

ポイント管理はスマホのアプリで行い、お父さんもお母さんも子供も
アプリ内でポイントを共有できるようにすれば、子供が買う際に利用して、
支払額を低くすることができます。

お父さんもお母さんも毎日お弁当を食べて、子供の「塾弁」を安くする“努力”をします。
「子供のため」と思えば、お弁当チェーンにとっても集客効果は高そうですね。

《100円の理由 その2》
子供が買うお弁当は「塾弁」専用のお弁当です。
子供が食べるため栄養のバランスを考えてありますが、
日替わり弁当とし、全店共通のお弁当。

しかも、お弁当のおかずは、既存メニューの組み合わせ(抜粋)として、
栄養バランスは考えつつ、できるだけコストがかからないようにして、
安価で提供できる値段にします。

《100円の理由 その3》
「塾弁」は、短い休憩時間に食べることと、帰宅後の夜食と合わせて一食分にするという位置づけで、
通常のお弁当より少し小さめにしておきます。そのため、さらに安価で提供できます。
※食べ過ぎると頭も働きませんからね! また、小さい理由も商品特徴としてしっかり謳います。

しかし、中高の男子たちのように“食べ盛り”も多いので、ご飯の量は小・中・大から選べます。

●以上により、子供が買う「塾弁」は100円で、
しかも栄養バランスを考えたお弁当になるのです。

●「塾弁」市場は、季節変動が少なく、安定した需要がありますので、
ぜひ、“家族”を巻き込んだサービスに仕上げてほしいです。

我が家ももうすぐお世話になりそうです。。。

★企画の一番搾り★『 ニッチ市場でも巻き込めば大きくなる 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議