みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2636号 【 通って育む「愛花」 】掛けた手間だけ、愛情がこもる。

【企画公開日】2014 .3. 26.(水)

日経産業地域研究所が、今年の「母の日」、「父の日」の予定について調べたところ、
贈り物は、母には「花」、父には「お酒」がそれぞれ首位。
予算は、「3000〜5000円未満」が最多だったそうです。

お花はいいですよね。心が和みます。
弊社のオフィスにも生花をいつも飾っております。

そこで、きょうは「贈り物のお花」について、アイデアを考えてみました。
手間を掛けたお花だから、愛情もたっぷりです。

▼【 通って育む「愛花」 】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★贈り物に、あなたが育てたお花はいかがでしょう★
手間を掛けた分だけ、愛情こもった贈り物になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●例えば、駅前のお花屋さんがこんなサービスを始めます。

サービスの内容は、依頼主が一定期間お花屋さんに通い、店員さんのアドバイスのもと、
お花に水やりや手入れをしてお花を育て、その育てたお花を記念日に贈るのです。

《利用方法》
(1)お花は寄せ植えが基本です。寄せ植えのイメージを
   店員さんと相談しながら描き、鉢に種や苗を植えていきます。
   植え終わったら、自分の名前札を差してお花屋さんに預けます。

店「では、水やりは2〜3日後にお越しいただき、少量与えてください」

(2)数日後、水やりをしに、お花屋さんに来ます。

店「早く芽が出るといいですね」

(3)最初の鉢植えを作るところから撮影をしていき、水やりの姿や
   芽が出た時の様子も撮影します。

店「順調に育っていますね!」

(4)ついに記念日の当日を迎えました。順調に育ったお花(鉢)と一緒に
   《愛(花)を育んだ日記》も製本されて手渡されます。

店「奥様が喜んでくれるといいですね!」

●このサービスの商品は、《お花(寄せ植え)》《愛(花)を育んだ日記》と、
そして、《愛情》です! 花を育てながら、プレゼントする相手を思う。
掛けた手間(時間)だけ、相手を思うので、プレゼント(お花)も愛情たっぷりです。

●通いやすいお花屋さんにしかできませんが、専用棚を用意して、
人数限定で提供してはいかがでしょう。母の日だけでなく、
誕生日向けなら年中需要があります。

●たとえ育成途中であっても、まだこれから花開くため、
それはそれで十分贈り物として成立します。

●《愛(花)を育んだ日記》は、スマホのフォトアルバムサービスを使えば、
簡単で低価格で提供できます。長年連れ添った夫婦こそ、
こういうプレゼントは嬉しいと思います。

私「そうか…、うちのもう夫婦になって15年か。。。」

★企画の一番搾り★『 《(掛けた)時間》が商品 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議