みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2611号 【 datemsk.com 】消耗品だからリピート率も高い!?

【企画公開日】2014 .2. 18.(火)

「「伊達マスク」ファッション化が拡大する“マスク市場”…
 「すっぴん隠し」も普通に、「ピンク色」「香り付き」も登場」
 (産経ニュース2014.2.18)

通りでマスクをする女性が多いわけだ!
「ファッション」ととらえるなら、こういうサービスができても
おかしくないですね。そう、「オーダーメイド」

▼【 datemsk.com 】

●「マスク」をパーツに分解すると、大きくは「口・鼻に当たる部分」と
「耳に掛ける紐(ゴム)」ですが、フィット感を増すために鼻に当たる部分も
パーツに加えると3点になります。

●この3点をオーダーメイドで組み合わせをして、
オリジナルのマスクを制作します。

●大きさ、質感から長さ(形)、素材、色、香りなど、組み合わせは無数にあり、
自分専用のマスクができたら、より毎日したくなりますよね!

●制作するには、まず事前登録をした後、自分の顔写真をスマホで自撮り(正面・横)し、
【datemsk.com】へ送信します。そして、《マスクの主要目的》を伝えます。

●「通勤用」から「自宅用」、「飛行機乗車用」、「就寝時用」など、
さまざまな用途が考えられ、ファッション性から機能性まで、
アンケートに答えると、ベストなマスクを提案してくれます。

●出来上がったマスクは、定期的に必要な分(最大30枚)だけ送ってくれます。
マスクは軽くてコンパクトにたためるので、30枚くらいならメール便など
送料の安い配送方法で送れます。

●「オーダーメイドなんて、手間がかかり採算取れるの?」
というご意見もあると思います。

●もちろん「オーダーメイド」の場合は、通常品より割高になりますが、
ファンション性と機能性を兼ね備えて、なおかつオリジナルとなれば、
安さだけを求める消費者は買いません。

●さらに「要望」を聞くことで、一般販売するマスクの開発にも活かせます。
インフルエンザの時期や花粉の時期など季節ごとに要望が変わるだけでなく、
ひょっとしたら、年末の12月や年始の1月でも要望が違うかもしれません。

●肌に直接付けて、外出などの行動する際に着用するので、
「人間の行動」に密接に関係しそうだからです。

●消費者は「これがほしい」とは言いません。
「以前からこんなモノが欲しかった」と言います。

●だから、“半歩先”を行く開発をするには、
感度のいい消費者に聞くのが一番です。

★企画の一番搾り★『 市場創出を予測する 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議