みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2581号 【 犬用自販機 】犬が行きたい場所へ飼い主も行く!?

【企画公開日】2013 .12. 19.(木)

子どもが気に入るメニュー・サービスがある飲食店には、
親も何となく行ってしまいますよね。
(価格が安いともっといいのですが…)

親だけでなく、おじいちゃんおばあちゃんが“ついてくる”こともよくあります。
だから、子ども向けメニューって、すごい大事です。

さて、この「法則」を応用してこんなサービスはいかがでしょう。
愛犬を連れて散歩するお年寄りも増えています。

▼【 犬用自販機 】

子どもが好きなお店には親も行く。
犬が行きたいお店には飼い主も行く?

もし、ご近所の、散歩途中のコンビニに、犬用の「お持ち帰りフード」を置いたらどうでしょう?

従来のドッグフードではなく、素材にもこだわり、一口分でその場で食べられるフード。
それをお店の外に小型自販機で販売します。散歩途中の飼い主さんが気軽に買えるようにします。

これにより、お犬様に促された飼い主さんは、毎日通うことになります。
クルマに乗ったお犬様は、このお店の看板が目に入ると、
ワンワン!と知らせてくれます。

毎日の日課の散歩で立ち寄る場所になれば、そのお店に行くことが定番になり、
何回かに1回は、店内に立ち寄り買い物をしてくれるかもしれませんよ。
※犬のリードが結べる柵かポールを設置します。

ちょっとあざといですか?(苦笑)

自販機だけを缶ジュースの自販機の隣に設置しても売れるかもしれません。
もちろん、その自販機には犬用の水も品揃えしておきます。
また、糞を処理する袋も販売します。

生活習慣の一部に入り込むと“定番化”しやすくなります。

ちょっとあざといですか?(苦笑)

企画の一番搾り『 定番化 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議