みんなの企画部

2611

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2561号 スマート閉店ワーク・アプリ ~ うっかりミスを防ぎます ~

【企画公開日】2013 .11. 21.(木)

「NECがビルの点検などの作業漏れを防ぐのに役立つ
 タブレット向けのアプリを開発した。アプリは画面上に
 カードのよう形で表示され、カードに書いた作業項目を
 チェックしなければ次のカードに進めない」(日経2013.11.06)

人間なら誰しも「うっかりミス」がありますから、
こういう点検方法は有効ですよね。

そこで、これをヒントにこんなサービスを考えてみました。
飲食店の閉店作業にいかがでしょう。

▼『スマート閉店ワーク・アプリ』

●多くの飲食店がアルバイトを雇っており、
「店長」役もアルバイトがこなす店も少なくありません。

※私も学生時代、某ハンバーガー屋さんの“影の店長”でした。

●その場合、店舗の戸締りや火の元、お金の管理、
セキュリティの設定など、任せることになります。

●そこで、スマホやタブレット端末のこんなアプリはいかがでしょう。
『スマート閉店ワーク・アプリ』

●まさに閉店作業を順に画面の表示し、しかも作業後、
その場所に貼られたQRコードをカメラで撮影しないと、
次に進めないという仕組みにします。

●例えば、出入り口の扉の施錠。
鍵の近くに張られた小さいQRコードを読み取ります。

また、ガスの元栓を閉める場合は、ガスの元栓の場所に
QRコードを貼り、読み取って作業の確認をします。

さらに、店の売り上げを夜間金庫に預ける場合は、
スマホのGPS機能を活用します。

夜間金庫について売上金を投入したら、
GPS機能を使ってチェックインします。

最後は、報告書を画面上で記入し、すべての閉店作業が完了します。
※完了後は、本部あるいはオーナーに
 メールですべての情報が送信されます。

●この『スマート閉店ワーク・アプリ』を使うことで、
◎作業漏れの確認「行動内容」だけでなく、
◎QRコードで「場所」がわかり、
さらに、
◎「時間」も記録されます。

●そのため、万が一トラブルが発生した場合でも
トラブルを検証する際の貴重な情報になります。

●QRコートは、アプリのソフトで簡単に出力できます。
作業手順や項目はお店によってカスタマイズできます。

●アプリの基本機能のみの場合は無料にして、
カスタマイズ機能を追加する際は有料にしてはいかがでしょう。

●個人店を含め飲食店向けなら市場がかなり大きいです。

企画の一番搾り『 必須作業は隠れた“巨大市場” 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議