みんなの企画部

2545

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第2551号 CODOMOブックストア ~ 注文が楽しいと本を読む? ~

【企画公開日】2013 .11. 7.(木)

親として子どもには本を読んでほしいと願います。
しかし、親の心子知らず…。

漫画は率先して読みますが、本は読みません。。。
恐らく興味が向かないんでしょうね。

そこで、こんな方法で「本」に興味を持たせてはいかがでしょう。
本の楽しさより選ぶ(買う)楽しさを先に体験するのです。

動機が“不純”でもそのうち興味を持ってくれればいいのです!

▼『CODOMOブックストア』

●子どもにタブレット端末を手渡します。
そして、こう言います。

父「ここ(ネットブックストア)で見れる本なら、
  どれでも買っていいぞ」

子「えっ、ほんと!」

●子どもは一生懸命にタブレット端末を触りながら、本を探します。
興味のある本が見つかれば、《購入》をタッチします。
注文はこれで完了。後日、本が自宅に届きます。

※子どもには購入方法を説明する必要ありません。
 すぐに直感的に覚え、慣れます。

●子どもは自分が注文した本が届き、感動します。
そして、本を夢中(?)で読みます。

父「読み終わったか?」

子「うん、おもしろかったよ」

●読み終わると、ブックストアの注文した本のページ上に
「感想欄」があるので、そこに感想を書き込みます。

●感想を書き込むと、親のスマホにメールが届きます。
親はその感想文を読んでしっかり読んだことを確認すると、
次の本が注文できる【注文許可】が降りるという仕組み。

●注文できる本はもちろん子どもに推薦できる本限定なので、
親も安心できます。また、親としても注文した本と感想文で
子どもの興味がわかり、コミュニケーションにも役立ちます。

●きっと子どもは、最初、自分で選び、注文した本が届く、
という体験に興味を持ちますが、これをキッカケに
本に興味をもってくれたら、親としても嬉しいですよね!

※決済方法や配送先は、親が事前に登録しておきます。
※兄弟の数だけ、注文者数が増やすことができ、
 注文時は自分の名前(子ども)でログインさせます。

●『CODOMOブックストア』では、注文の仕方も
ゲーム性やキャラクターが登場して、よりユニークにしたら、
もっと興味を持つようになるかもしれませんね。

●動機は“不純”でも方向性さえ間違わなければいいのです。(親心)

   『 入口を楽しく、出口は真面目に 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。