みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第2534号 ランナーズ「はい!チーズ」 ~ 無人化して収益ビジネスへ ~

【企画公開日】2013 .10. 11.(金)

「日本人って、こんなにマラソンが好きだったのか?」
というくらい、走っている人を見かけるようになりました。

私の住む地域も市ごとに「市民マラソン」があり、
多い時期は毎週開催した様子が新聞に載っています。

(好きな人は毎週“ハシゴ”しているようです)

まさに国民スポーツですね。
そこで、こんなサービスを考えてみました。
マラソンは、走る人以上に観客(顧客)の方が多いのです。

▼『ランナーズ「はい!チーズ」』

●10年も前から通過点を通るとメールで「通過タイム」を
指定のメールアドレスに送信するサービスがありました。

このサービスは、特にフルマラソンで活躍します。
それは観客(家族など)の待ち時間が半端でないため。

(4時間も5時間もいつ来るか、いつ来るかと待てませんから…)

●仕組みは、シューズに付けたチップが通過点の路上に
設置されたセンサーに反応してメールが送られます。

●そこで、このサービスをさらに発展し、撮影用カメラと連動して、
通過点を過ぎるランナーの「がんばっている姿」の写真を
送るのはいかがでしょう。

●センサーが反応する度に自動でシャッターが押され、
撮影された画像は、ゴール(家で?)で待つ家族のスマホに送られます。

これは嬉しいですよね!

●通過地点ごとに送られてきたら、より臨場感が味わえます。
マラソンの後半になるほど人がバラけるので、
より「ベストショット」になります。

●撮影用カメラは、看板でランナーにも一目でわかるように
してあるので、ガッツポーズやオモシロポーズもできます。

●さて、ここからがビジネスです。撮影用カメラ(の看板)には、
必然的にランナーの目が行くので、スポンサー広告を載せます。

●さらに、送信する画像にもフッダーか写真フレームに広告が載ります。
もし、その画像がベストショットで「高画質データ」が欲しい場合は、
有料で買うことができます。

●あるいは、その画像をすぐにプリントしたい場合は、
提携先のコンビニで出力することができます。
※この場合はプリントのみです。「高画質データ」は手に入りません。

●マラソン大会が終わった後、家族で帰る途中でコンビニに立ち寄り、
お菓子やドリンクを買うのと一緒に写真がプリントできたら、
車内は盛り上がるでしょうね!

●現在の通信環境やIT技術を駆使すれば、素人のスポーツ大会でも
低コストでプロ並のエンターテイメントが楽しめそうです。

●この場合、いかにして参加者の個々にフォーカス(プライベート化)して、
「欲しい」「買いたい」と言わせるかが、収益化のポイントだと思います。

   『 エンターテイメントのプライベート化 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議