みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2533号 洗濯物専用クリーナー ~ 花粉症は“年中行事”になりました… ~

【企画公開日】2013 .10. 10.(木)

我が家で花粉症なのは、私だけ。

そのため、妻の花粉対策は“不十分(気にしていない?)”で
春は洗濯物を畳んでいる妻の横でよくくしゃみをしています。

しかし、花粉症は春だけではなくなりました。
年中花粉を感じている人も多いようです。

そこで、こんな商品はいかがでしょう。
布団専用のクリーナーがTV通販で人気のように、
これもウケるのでは! だって、こっちの方が毎日使いますから。

▼『洗濯物専用クリーナー』

●まさにその名の通り、洗濯物についた花粉やホコリを除去することを
目的とした掃除機です。やり方は簡単で、洗濯物を取り込む時に洗濯物に
『洗濯物専用クリーナー』を当てて花粉やホコリを吸い取ります。

●そのため、『洗濯物専用クリーナー』は充電式でハンディタイプがいいですね!
主なユーザーは女性になると思います。

干した布団からYシャツ、ズボン、下着など、
あらゆる物を干したまま吸い取ることができます。

できることなら、ある程度シワ伸ばしまでできると、
奥様は大助かりですよね!

●干し終わった洗濯物を乾燥機にかけると
花粉が取れるという裏技もあるそうですが、
その場で除去できた方が「時短」ができますね!

●洗濯物を一つずつ除去するのは手間!という方には、
洗濯物専用の小型クリーンルームで、
まとめて除去するのはいかがでしょう。

半畳くらいのサイズでビニールのファッションケースタイプ。

洗濯物を手動で振動させて下から花粉やホコリを吸い取ります。
この場合の吸い取り方法は、通常の掃除機を
クリーンルームに接続して使います。

●花粉が少ない季節でも、近くのグラウンドがあったり、
幹線道路があると、さまざまなホコリが舞い、
アレルギーの原因にもなります。

●屋内干しでいいという方も多いと思いますが、
やっぱり太陽と自然の風でカラッと干したいですよね。

●潜在ニーズはあると私は予想します♪

   『 ○○専用 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議