みんなの企画部

2643

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2515号 ライス革命 ~ ご飯1杯で来店動機が多彩になる!? ~

【企画公開日】2013 .9. 12.(木)

正直、コンビニのお弁当のご飯が苦手…。
作り置きのパックのお弁当だから仕方が無いのだけど、
レンジで温めても、やっぱり器によそったご飯が断然旨い!

そこで、某牛丼チェーン店も使っているような
ご飯の「自動盛り付け機」をコンビニにも導入して、
「ライス革命」を起してはいかがでしょう。

ご飯一杯で、多彩な商品が生まれます!
あなたなら、何がほしいですか?

▼『ライス革命』

●もし、コンビニで炊きたてのご飯を器によそって販売してくれたら…。

【アイデア その1】湯銭したレトルトカレーと一緒に。

店頭に並んでいるレトルトカレーをおでんの隣で
湯銭しておきます。そして、こう注文します。

客「ご飯とカレー1つお願いします」

店「そのままお持ち帰りますか?
  掛けてお持ち帰りますか?」

そのままとは、ご飯とレトルトカレーを別々で持ち帰ること。
掛けてとは、その場で店員さんがご飯に掛けてくれること。

客「掛けてもらえますか?
  あっ、そうそう、コロッケを一つのせてください」

店内で調理・販売しているからあげやコロッケも
トッピングすることができます。

【アイデア その2】一膳レトルト商品を増やす

レトルト商品といえば、カレーが代表的ですが、
親子丼だったり、中華丼だったりといろいろ種類があります。
もし、炊きたてご飯が買えたら一緒に買う人が増えると思います。

特に一人暮らしだったり、普段は外食が多い人は、
帰宅前に買って帰れば、すぐに自宅で食べることができます。
炊きたてで器によそってあるご飯の方がお弁当より
心も温まりますよね。。。

今は高齢者のコンビニ利用率も高まっているそうなので、
高齢者にも人気が出るのではないでしょうか?

【アイデア その3】お客さんが選ぶトッピングランキング

炊きたての白いご飯に、おでんの汁をかける。
惣菜コーナーで販売している辛子明太子がトッピング上位だったり、
カップラーメンと一緒に買う人が増えたり。

あるいは、お茶漬けの小袋をばら売りしたら、
夜の隠れ人気商品になるかも。
(お湯はカップ麺のお湯が使えます)

●ご飯自体も「今月は○○産コシヒカリ」とか、
毎月変えることもできます。

●「ご飯一膳」単品では訴求力がありませんが、
トッピングを前提に考えれば、おにぎりに負けない商品に
なるのではないかと、素人ながら考えてしまいます。

       ***企画の一番搾り***

      『 組み合わせ商品 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議