みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2427号 オリジナル“ミニお土産セット” ~ 気兼ねなく渡せる「プチお土産」 ~

【企画公開日】2013 .5. 1.(水)

GWはお出掛けする人も多いでしょう。
お出掛けするとお土産は付き物ですよね。

この日本人特有(?)の習慣らしく「要る要らない論争」はありますが、
観光地に行ったらお土産を買うは、私は“お福分け”みたいで、
いい習慣だと思います。

さて、きょうはその「お土産」をテーマに考えてみました。
ちょっとした工夫で嬉しさ倍増?

▼『オリジナル“ミニお土産セット”』

●最近のお土産のお菓子は、箱詰めのお菓子でも
ほとんどがお菓子一つ一つ小袋に入っていますよね。

●そこで、お土産屋さんにこんな商品(有料・無料)を置いてはいかがでしょう。

◎紙製小袋
◎布製巾着小袋
◎紙製小箱

何に使うか?

●例えば、箱詰めのお菓子(12個入り)を3箱買います。
そして、箱からお菓子を出して、購入した布製巾着小袋に
3種3品入れていき、12個の“ミニお土産セット”を作ります。

●そして、付属の紙製タグ(観光地名表示)を巾着小袋を結んで完了!
※紙製タグの裏面は、メッセージも書けます。

●これを会社の同僚やよく会うお友達に差し上げます。
いかがでしょう、こんな「プチお土産」。

●お土産代も抑えられるし、もらった方も負担にならず、
なおかつ、一手間かかっているから心もこもっていますよね。

●これらの小袋や小箱を伝統工芸で制作してもいいかも。
小物入れって、日常生活やオフィスでも重宝することも多いので、
なおさら、喜ばれると思います。

●店頭には「小分けサンプル」を置いておくと、より興味が湧きます。
お菓子の組み合わせも参考にできます。ビスケット類ばかり3種類より
ジャンルの違うお菓子の詰め合わせの方が楽しめます。

●アレンジできる楽しさもお土産の買い方に取り入れると、
若い人でも買う人が増えそうです。

       ***企画の一番搾り***

    『 アレンジする楽しさを提供 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議