みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第2410号 子ども日替わりスポーツジム ~ 子どもの世代も二極化に ~

【企画公開日】2013 .4. 5.(金)

運動をしている子としていない子の二極化が起こっているそうです。

以前はスポーツを習っていなくても、放課後や公園で遊び、
体を動かす子どもが多かったのですが、今は近所の公園で遊ぶ子も少なく、
ほとんど見かけません。

何か特定のスポーツでなくても、とにかく大事な成長期なので、
体を動かしてほしいと願います。

そこで、こんな子ども向けスポーツジムはいかがでしょう。
これなら飽きっぽい子どもでも毎回楽しく体が動かせます。

▼『子ども日替わりスポーツジム』

●例えば、こんな種類の体を動かすプログラムを用意します。

(1)水泳
(2)ダンス
(3)サイクリング
(4)ヨガ
(5)フットサル
(6)ウォールクライミング
(7)フィールドアスレチック
(8)卓球 など。

●8種類用意したのは毎週2回参加し、1ヶ月で全種目を体験するため。

特定のスポーツではなく、幅広くいろいろな運動を体験した方が
体の筋肉のバランスもよくほぐれ、子どもも飽きません。

●これらの種目は、各スポーツ施設から少しずつ“間借り(時間貸し)”して、
子どもたちに1時間体験してもらいます。

一般的なスポーツジムなどは会社が終わる時刻から夜まで混みますが、
子どもたちには15時から17時の空いている時間を利用します。

●子どもたちは集合場所に集まり、マイクロバスで各施設に移動して、
運動をし、再び集合場所に帰ってきます。

●この『子ども日替わりスポーツジム』では、特定の施設は持ちません。
持つのはマイクロバスのみ。1グループ20名ほどが日替わりで
各施設を利用しますので、最大8グループ160名が同時に体験できます。

時間帯を2コース用意できたら、1日で16グループ、
320人の子どもたちが体験できます。

●施設側もスペースを貸し出す(有料)なら、
月に数回より週数回の方がシフトを組みやすいですね。

●運動だけでなく、月に1回は、
◎カラオケでお腹から声を出そう
◎舞台で演劇を体験しよう
◎包丁、鍋を使って料理を作ろう
なども面白そう。

●一つの競技を極めるのもよし、
多種多様なスポーツを体験するのもよし。

●いずれにしても、子どもの成長には、
「心身共に」が大切です。

       ***企画の一番搾り***

      『 「0→1」サービス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議