- みんなの企画部。企画書ネタ・販促アイデア・新規事業プランが誰でも自由(無料)に使えるウェブサイト - http://www.witem.co.jp -

第2356号  スーパーにシール売り場 ~ 使い方自由♪ ~

「冷蔵庫のケーキは、お祖母ちゃんが
 子どもたちにくれたんだから、
 あなた(私のこと)、食べないでよ!」

妻に言われました。
(別に食わんし!)と思いつつ、“前科”があったので、
言われても仕方がないか。。。

さて、弊社のスタッフにシェアハウスで暮らしている女性がいます。
話を聞くと、楽しそうですが、それなりに苦労もあるようです。

たとえば、冷蔵庫の中とか。

妻に言われた一言と女性スタッフの話を綜合すると…、
スーパーにこんな売り場あってもいいかも!?

▼『スーパーにシール売り場』

●タイトル通り、「シール売り場」です。
陳列棚ではなくても、ツリー状の銃器に、
ハガキ大のシートで販売してもOK!

●シールは記入できるタイプからキャラクター物やマーク物まで、
さまざまな種類が陳列されています。

●そのシールは何に使うのか?

例えば、上記で書いたようにシェアハウスをしている方が、
共同冷蔵庫に自分の食品を入れる時に、シールを貼って入れます。

●使い方はこれだけではありません。

兄弟ケンカをしないように、お菓子に個別のシールを貼って、
区別しておきます。毎日毎日、兄弟ケンカの仲裁をしている
お母さんにとっては、手間が一つ減ります。

●あるいは、ダイエット効果も期待できます。
買ってきた食材に【月曜日】シール、【火曜日】シールなど、
曜日シールを貼り、毎日決めた分だけ食べるようにします。

●小分けしたら消費期限が分からない食品には、
【消費期限 日まで】シールを貼ると、
心配しながら食べることも減るでしょう。

●何を買ったか、よく忘れてしまう人は、食材シールを
冷蔵庫の扉に貼るのもいい手かもしれません。この食材シールは、
付箋のように何度も貼りなおせるとなお便利です。

●一見、スーパーには必要なさそうなシール売り場ですが、
使い方の提案次第で、結構、利用価値があるかもしれません。

●未だ実家に居候している息子に、食費を請求する際に、
食品を区別しておくと、請求しやすいかもしれませんよ。

●隠れた人気商品になるかも!?
ちょっと生活が楽しくなるかもしれません。

●仕事から帰ってきて、冷蔵庫を空けたら、
「きょうもお疲れ様」と励ましてくれるシールは、どう?

       ***企画の一番搾り***

     『 生活を楽しむ提案 』