みんなの企画部

2611

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

第2344号  オリジナルキャンディ市場 ~ 多彩なアレンジができそう♪ ~

【企画公開日】2012 .12. 17.(月)

飴をこよなく愛する私は、仕事中はもちろん、
少年野球のコーチをしている時も、何気に飴を口の中に入れています。

(もちろん、指導には支障のないようにしています…)

疲れている時や気分転換をしたい時には飴はいいですよね。

今はいろいろな成分が入った飴が販売されており、
疲労回復や眠気防止、栄養補助など、
子どものお菓子でなくなりました。

そこで、こんな「市場」を作ってはどうでしょう。
キットだけでなく、さまざまな周辺グッズで盛り上がりそう。

▼『オリジナルキャンディ市場』

●飴を作る調理キットを販売するのですが、
それに伴い、いろいろなグッズも販売します。

●まずは味。
バラエティに富んだ味があると作る楽しみも
食べる楽しみもあります。

味だけでなく、サプリメントにあるような
ビタミンなどの栄養補助成分から、
眠気防止、疲労回復に効く成分も販売します。

これらは自分で組み合わせてアレンジすることができ、
まさに「オリジナルキャンディ味」が製造できます。

●そして、キャンディの大きさや形も重要ですね。
長い時間食べたい時のキャンディから、
短時間で補給したい時の小さめのキャンディ。

形も丸形だけでは面白くないですよね。
形を工夫すれば、携帯性も格段にアップします。

●さらに、持ち歩く時のケースも重要。
お弁当箱や水筒を会社に持参する人が増え、
商品も多彩になったように、飴を入れるケースも
オシャレアイテムになるかも!?

※包み紙もあるといいですね。

●オリジナルキャンディの制作者同士で、交換会もいかがでしょう。
カフェなどは、コーヒーと一緒に食べるとより美味しくなる
オリジナルキャンディを提供したら差別化できそうです。

●夏は、熱中症対策で塩飴が人気でしたね。
マラソンランナーのオリジナルドリンクのように
「これがあるとリラックスできる」というキャンディを
“研究”の末、自己開発できたら、すごいかも。

●オリジナルのアレンジができ、みんなで情報が
交換できる要素(仕組み)があると、
新規市場の形成も夢ではありません。

       ***企画の一番搾り***

『 アレンジ(オリジナル)を楽しむ仕組み 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議