みんなの企画部

2545

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2335号 えらびなサイト ~ 「今晩、できる料理はコレだけ。どれがいい?」 ~

【企画公開日】2012 .12. 4.(火)

妻「今晩、何が食べたい?」
夫「何でもいいよ…」
妻(ムカッ!)

妻「今晩、何が食べたい?」
夫「じゃ、○○」
妻「それは材料がないからできない」
夫(じゃ、聞くんじゃねぇよ!)

決してわが夫婦の会話ではありませんが(笑)、
こんな会話をしたことはありませんか?

相手が夫ではなく、子どもの場合もありますね。

そこで、聞く方も聞かれる方も困らないアプリを
考えました。これから家族間には必須かも!?

▼『えらびなサイト』

●奥様が夕食の献立に悩んだ時に活躍するアプリ。

●奥様が、
◎冷蔵庫にある食材をみて、
◎料理にかけれる時間を考え、
◎自分の疲れも考慮し、
◎夫への“愛情”も踏まえて、
「きょう作れる夕食」を過去に自分が作った料理写真の中から
3点(仮)選びます。

※写真についている□をチェックすればOK!
 写真点数に制限はありません。

●選んだら、夫にメールを送ります。
—————————–
今晩、できる料理はコレだけ。
どれがいい?
□料理写真1
□料理写真2
□料理写真3
—————————–

●メールを受け取った夫は、写真の中から今晩食べたい料理に
チェックを入れます。そして、《決めたよ》ボタンを押すと、
妻に選んだ結果が届きます。

●妻は結果をみて、今晩の料理を作りはじめます。
めでたし、めでたし…。

●いかがですか? シンプルですが、
あると便利そうじゃないですか。

●過去に自分が作った写真をスマホなどで撮り貯めておけばOK!
夕食の献立は、奥様の悩みの一つですからね。

●ただ、これだけではサービスとして面白くないので、
料理写真でカロリー計算ができたり、食べた料理を記録して、
レコーディングダイエットに活かすこともできそうです。

●夫の体調管理というよりは、「夫イケメンプロジェクト!」を
秘密裏に進めてみてはどうでしょう?

(まぁ、外食の多い夫なら、あまり意味がなさそうですが…)

       ***企画の一番搾り***

    『 些細な手間がアイデアの芽 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。