みんなの企画部

2750

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第2269号  電子書籍普及アイデア ~ 超短時間、超簡単、超フリー ~

【企画公開日】2012 .8. 29.(水)

電子書籍、読んでいますか?

スマホもタブレット端末も普及しはじめたら、
急速に日常生活に浸透したので、火が付いたら早そうですね。

そこで、こんなサービスを考えてみました。
煩わしい手続きや支払いは一切なく、低料金、短時間で利用できると、
かなり“奥手”の人でも手が出そう。

▼『電子書籍普及アイデア』

●サービスの主体は、鉄道会社。
電子書籍サービスの提供会社とのタイアップ。

例えば、A駅で利用するとします。

《利用方法》
1.A駅の構内の売店においてある電子書籍タブレットを手に取り、
  レジに並びます。※タブレットは書籍のように縦に並べて置いてあります

2.レジでは、タブレットを見せて、自分の鉄道系ICカードを
  専用端末にかざすだけで、レンタル完了です。

3.利用者はA駅からいつも利用するB駅まで電車に乗っている間、
  電子書籍を楽しみます。

4.下車するB駅でタブレットを返却する際に、再度ICカードを
  専用端末にかざすと、利用料金がレジに表示され、ICカードに
  チャージされたお金から引き落とされます。

●つまり、レンタルに付き物の事前登録はICカードで代用し、
料金支払いもICカードのみで、チャージしたお金から支払います。

●駅で借りれるタブレット端末では、提供している電子書籍すべてが
購読できるようにします。

●レンタル時間は、分単位で料金が加算されていきます。
【例:1分5円】(仮)

●これなら、通勤など日常的に鉄道を利用している人なら、
レンタルしてみたくなりますね。

●鉄道会社も収益事業と見込めますし、通勤ラッシュの緩和に
「早朝割」を導入するアイデアも考えられます。

●タブレット内で広告やイベントPRもできそうなので、
車内広告との連動で、メディアミックスもより多彩になります。

●タブレットと電子書籍が使い慣れてきたら、
「自分用」も欲しくなり、普及に拍車がかかるのでは。

       ***企画の一番搾り***

  『 市場開拓は“乗っかる”のが速い 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「大丈夫、策はある」コロナ禍時代の新ビジネス・アイデア55



「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」
二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議