みんなの企画部

2544

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第2223号 運転状況最前線! ~ 北上中? ~

【企画公開日】2012 .6. 19.(火)

本日、私が住む東海地区にも台風が接近・上陸する予報です。
昨年の苦い失敗(※コラム参照)を繰り返さないためにも
早めの帰宅を心がけたいと思います。

しかし、「帰り時」に困ります。
早ければ早いほどいいのですが、仕事の関係上、
できればギリギリまで仕事をしたい。

そこで、こんな情報MAPはいかがでしょう。
ある程度“察知”できます。

▼『運転状況最前線!』

●台風が接近する場合、進路にもよりますが、
多くの場合、南から北上してきます。
沖縄から九州、四国、近畿、東海、関東…。

●そのため、南の方から、交通機関の運転が
「不通」になったり、「見合わせ」「通行止め」になった場合、
マップ(日本列島)上の色が変化していくというのはどうでしょう。

《主な交通機関》
◎私鉄・JR
◎新幹線
◎バス
◎フェリー
◎飛行機

その他に、高速道路など。きっと、桜の「開花情報」のように色が
変わっていくのではないでしょうか。

●私は東海地方に住んでいるので、近畿地方でも東海に近い地域の
交通機関が止まりはじめたら、「危険」です。

●交通機関により判断は違うと思いますが、
「まだ大丈夫だろう」と思っていても、安全運行のため、
早めに「不通」にする場合もあるかもしれません。

●その「意思決定」は、一般人にはリアルタイムではわかりませんが、
台風が接近する地方の交通機関の「判断」である程度予想がつきそうです。

●仕事や店舗の営業時間もあって、自分だけの判断ではできない時でも、

「今、台風が接近している近畿地方でも電車が止まりはじめているから、
 あと6時間後に最接近するこの地方はもう帰らないと」

とわかれば、帰宅や閉店する「理由」ができます。

●さまざまな情報が発信されていますが、臨時でこんな情報マップがあると、
逐一チェックしたくなりますね。「不通」や「通行止め」になった時間も
色分けして表示してあると、より予測がつきそうです。

       ***企画の一番搾り***

    『 “束”ねれば価値がでる 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。