みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2216号  走る!コンビニマン ~ 生活を楽しみながら、働く ~

【企画公開日】2012 .6. 8.(金)

“余生”を楽しんでいる私のオヤジですが、いつも言います。

「何かできることはないか? 人のために働きたい」

そんな思いがあるので、自治会長を辞めて4、5年経つのに、
現自治会長から相談を受けると、喜んで力になっています。

そんなオヤジをみている“ビジネスビジネス”していない、
何か“ゆるいお手伝いビジネス”はできないか、考えてみました。

▼『走る!コンビニマン』

《走る!コンビニマンの装備》
◎電動アシスト三輪自転車
◎キッズ用ケータイ(GPS機能付き)
これでOK!

●仕事の流れは、以下のようです。

《ケース 1》「お米の配達」
地域住民のおばあちゃんから「お米」の配達依頼の電話が
事務局に入りました。事務局では、お米屋さん(スーパー)に一番近くにいる
登録スタッフ(走る!コンビニマン)をGPSで検索。

事務局「コジマさん、お米屋さんで5kgの『こしひかり』を買って、
    ○○町の○○さんに持って運んでください」
コジマ「了解! 今、畑仕事をしているから、1時間後に向かいます」

《ケース 2》「庭の草引き」
お子さんが生まれたばかりの奥様から「庭の草引き」の依頼がありました。
事務局では、近くにいるスタッフに電話をし、草引きをお願いしました。

●『走る!コンビニマン』に登録のスタッフは、基本的に出勤する必要はありません。
日常生活をしながら、依頼があると依頼先に直接向かう勤務体系です。

仕事を請けることができる時は、専用ケータイの電源をONにしておきます。
専用ケータイは、GPS付きケータイなので居場所がすぐにわかります。

※また、キッズ用ケータイは登録先しか受信・発信ができないので、
お年寄りでも操作が簡単です。料金の安価のため、助かります。

●移動は、電動アシスト三輪自転車のため、荷物を運んでいる時でも
楽に移動できます。電動アシスト三輪自転車には、広告が付いているので、
仕事以外の日常生活でも使ってもOKです。

●業務内容は、登録スタッフの「できること」のみです。
そのため、できない依頼は基本的にお断りします。
また、サービス提供できる時間も、スタッフのできる時です。

●ちょっとゆるすぎないかと思われるかもしれませんが、
他の専門業者とちがい、低価格で顔見知りの方が提供するので、
これくらいゆるい方がいいでしょう。

●きっと、顔見知り同士なら、「次からは直接言ってよ、無料いいから」
と言うことになりそうですが、それはそれでOK! 
人の役に立つことが目的ですから。

●しかし、僅かでもお金を払うから頼みやすいということもあります。
自分ではできず、ほったらかしにしていた草引きもそう。

●アクティブな高齢者が町を行きかい、困りごとがあるご近所の人助けをする。
気兼ねと負担にならない程度の金銭のやり取りがあり、依頼者と提供者が感謝し合う。

そんな地域ビジネスができるといいですね。運営費を低コストに抑えることに、
最新機器と知恵をフルに活用します。

●地域の店舗、ホームセンター、ショッピングセンター、商店街などが協力して、
『走る!コンビニマン』向けに「待機所」を提供してくれると、PR効果も高まり、
登録者数と依頼件数が増えるかもしれませんね。

       ***企画の一番搾り***

      『 ゆる系ビジネス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議