みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第2211号  留守番スカウター! ~ オモチャのような本物!? ~

【企画公開日】2012 .6. 1.(金)

子どもが小学生にもなると、一人や子どもたちだけで
お留守番をする機会も増えてきます。

(とは言っても、うちの子は私にて小心者なので、
 子どもだけで留守番はほとんどありませんが…)

そんな時、こんなグッズがあったら、いかがでしょう。

オモチャのような本格的な機能が満載です!
きっと子どもは喜んで装着すると思いますよ♪

▼『留守番スカウター!』

●『留守番スカウター!』は、あのドラゴンボールに登場する
「スカウター」にそっくりの外観です。『留守番スカウター!』を装着する…

《『留守番スカウター!』の機能》

(1)小型カメラが付いていて、本体についているボタンを押すと、
   子ども目線の動画が撮影・録画ができます。

(2)本体の通話ボタンを押すと指定の電話先に繋がり、
   会話ができます。※インカム付き

(3)本体には外部スピーカーがついており、通話先の声が
   スカウターを通じて外部に流れます。

●これらの機能はこんな時に役に立ちます。
たとえば、子どもが一人で留守番中に自宅のドアフォンが鳴ったとします。

子どもはスカウターを装着したまま、ドアフォンのテレビモニターを見ます。
子どもが観ているモニター映像が交信中のママのケータイにも映し出されます。

ママはケータイを通じて見たドアフォンのモニターの映像を見ながら、

ママ「あら、お母さんね。カズくん、玄関開けていいわよ」

と話しかけると、『留守番スカウター!』を通じて子どもの耳に聞こえます。
子どもは、ママの言うようにドアを開けて、おばあちゃんを家に入れます。

そして、ママが話します。

ママ「お母さん、いらっしゃい。どうしたの?」

この音声は、子どもの『留守番スカウター!』を通じて、おばあちゃんに聞こえます。
また、会話もできます。※外部スピーカーに切り替えます。

●オモチャのような外観ですが、機能はまさに本格的です。
通信はWiFiを通じて行い、ソフトは無料のインターネット電話を活用します。
現在、販売されているグッズを組み合わせると、すぐに作れそうですよね。

●子どもは、ママの「言いつけ」は守りませんが、
こういうグッズなら、喜んでするのではないでしょうか?

●デジカメ機能が付いていて、写真撮影もできると留守番機能だけでなく、
遊びにも使えそうです。他にどんな遊び機能があると、子どもが楽しめるでしょうね。
考えると楽しくなります。

       ***企画の一番搾り***

     『 遊びの中に防犯機能 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議