みんなの企画部

2546

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

第2204号 菜園散水サービス ~ 水道が通っていない畑は困るよね… ~

【企画公開日】2012 .5. 23.(水)

「今年は、ダメかも…」

と母が言います。それは、畑の野菜のこと。作るのは父で、採るのは母。
(夫婦で一緒に畑仕事をするとケンカの元になるそうですよ)

「玉ねぎなんて、まだピンポン玉くらいしかないのよ…」

この時期、苗を植えたばかりの野菜が多く、雨が降らないと生長しません。
4月は週末が雨ばかりで困りましたが、ここ最近、まとまった雨が降らないから、
こういう所に影響ができますね。

最近は家庭菜園をする人も多く、貸し農園なども人気だそうです。
水道が完備されている畑はいいですが、そうでない畑も多いのでは?
特にお年寄りには、水を畑まで運んで散水するのも大変な作業。

そこで、こんなサービスを考えてみました。
みんなでまとめて頼めば安くできそうです。

▼『菜園散水サービス』

●日照りが続き、雨が降らない日が2週間以上(仮)続くと、
事前に登録した契約者(畑の持ち主)に業者から電話がはります。

業「最近、雨が降らないから畑仕事は大変ですね。
  『散水』は大丈夫ですか?」

契「そうそう、電話しようと思っていたんだよ。
  ぜひ、お願いするわ」

●業者は、主に家庭菜園をする畑の持ち主に「散水サービス」を
提供する業者です。登録者の畑の位置から最適な「散水ルート」を
割り出し、そのルート周辺の畑の持ち主に連絡し、依頼を受けます。

●散水方法は、

<1>畑全体を雨のように水を細かく散水する方法
<2>畑の貯水タンクに水を補充する方法

の2種類から選べます。
※<1>の場合は、特殊な散水ヘッドを使います。

●料金は、<1>の場合は畑の面積で決まり、
<2>の場合は水の量で決まります。<1>と<2>、両方でもOK。

●畑が家の近くであったり、水道が完備されている貸し農園なら、
水遣りしやすいですが、そうでない畑も多いと思います。

●また、畑のする人は高齢の方も多く、日照りが続いた時、
代わりに散水をしてくれると助かりますよね。
日中、仕事をしながら畑をしている人にとっても助かりますね。

●多少散水でお金がかかりますが、自分で植えて育てた野菜には
思い入れがあり、何とか収穫まで育てたいと思っていると思います。

●だから、有料でも散水サービスは需要がありそうです。
業者からの連絡だけでなく、契約者からの要望にも応じて、
出動してくれます。その際は、畑友だちと一緒にお願いすると
一人当たりの利用料金は安くなります。

       ***企画の一番搾り***

     『 (需要を)まとめるとサービス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。