みんなの企画部

2544

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第2197号 火災からの避難設備  ~ 煙で視界が利かないときに役立つ ~

【企画公開日】2012 .5. 14.(月)

広島県福山市のホテル火災による死者の多くは一酸化炭素中毒によるもの
だったとみられる。平成13年に東京・歌舞伎町で発生した雑居ビル火災では、
死亡した44人中、36人の死因が一酸化炭素中毒だった。
防火設備の不備から多数の犠牲者が出るケースが後を絶たない。
(産経新聞 2012/05/13)

この記事を読み、火災からの避難方法について、調べてみました。

◎煙を吸わないようタオルやハンカチで鼻や口を覆う。
◎煙に巻かれたり、地下街の停電時等で避難路が分からなくなったりした場合は、
 誘導灯・誘導標識を確認し、避難口へ向かう。
◎煙で視界が利かないときは床や壁に手を当て、這うように避難する。
(煙は部屋の上から溜まっていくので、床付近は煙が薄く視界や空気が残っている)

ここで一つの疑問が生じました。這うように避難したら、誘導灯は見えるだろうか?

私は火災現場に遭遇したことはないし、火災設備についてはまったくの素人ですが、
こんなアイデアを考えてみました。

▼『火災からの避難設備』

●例えば、ホテルの廊下を想定してみました。

もし、廊下の角を這って(あるいは低い姿勢で)避難する場合、
廊下の床に面した角に避難設備があった方がそのまま低い姿勢のまま
避難口にたどり着けるのではないだろうか。

●一番いいのは、停電したり、煙で視界が悪くても見えるように
LED等が角に沿って一直線に点灯し、誘導してくれる。

そうでなくても、デザインを工夫して、「避難口はこちら」と初めて見ても
わかるように装飾する。また、手で触ってもわかるように凹凸を付けたらどうだろう。

その方が煙の中で頭をあげることなく、下を向きながらでも避難できます。

●また、所々に小さな扉を付けて、その扉をあけると【避難用マスク】が
入っていたら、どうだろう。

構造的には、壁の中に小さなBOXが埋め込んであり、
その中に【避難用マスク】を入れておきます。

そうすれば、とっさに部屋を飛び出し、口や鼻を押さえるタオルやハンカチを
手にしていなくても、避難最中に気づき、マスクをすることができます。

●煙の拡がる速さは、垂直方向(上方)へは毎秒3メートル~5メートルですが、
水平方向では毎秒約0.5メートルのため、煙の中では姿勢を低くして避難することが
有効だそうです。

●多くの火災事故では、設備不良のケースが多いため、
まず最小限の設備を備えることが不可欠ですが、
今後、地震などで火災になるケースも考えられますので、
より万全な避難設備があると心強いです。

       ***企画の一番搾り***

    『 「行動・動作」から考える 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。