みんなの企画部

2565

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第2190号 ドライバーズ・ゴーグル  ~ 近未来のドライバーの必需品? ~

【企画公開日】2012 .5. 1.(火)

昨日、家族で出かけた帰り道のこと。

「運転、代わろうか?」

と妻が言いました。
妻いわく、私は運転中に眠くなると髪の毛をしきりに触り始めるそうです。
(眠気って、本人も気づかないうちに襲ってくるから怖いです)

そのため、この時ばかりは素直に妻の言うことを聞き、運転を代わるのですが、
運転を代わった後の助手席で、こんなことを考えていました。

今の技術をあわせれば、できそうな気がします。

▼『ドライバーズ・ゴーグル』

【技術 その1】ジャイロセンサー
今のスマホやゲーム機に欠かせないジャイロセンサー。
デジカメの手振れ補正にも使われています。

【技術 その2】脳波の測定
脳波は睡眠によって波形が変わり、睡眠の深さに応じて特徴的な脳波パターンを示すので、
その波形から眠りの深さを知ることができます。

この二つの技術を使い、「居眠り運転防止機能」付きの眼鏡を作ってはどうでしょう。
それが、『ドライバーズ・ゴーグル』

●眠くなると、コクリコクリと独特の動きをし始めます。
その動きをジャイロセンサーで感知しつつ、眼鏡のテンプル部分に付いた
脳波測定センサーが脳波を測定し、「眠気」の兆候を割り出します。

2つのデータから「眠気」を検知したら、
ドライバーに眼鏡の「モダン」を通じて、骨振動で警告します。

●また、肩こりなど、疲れてくると首をぐるぐる回すこともあります。
そんな動きも感知したら、「休憩」を促すよう警告します。

●これらの情報は、Bluetoothを使い情報を記録します。

●さらに、眼鏡のレンズには、フロントガラスに速度表示やカーナビゲーションガイドをする
「ヘッドアップディスプレイ」を採用して、「追突防止」警告をレンズと骨振動でします。

●レンズ自体も逆光や夜間運転に最適な状態に変化すると、なお、スゴイですね。

なんとも近未来なアイデアかもしれませんが、ドライブレコーダーも一般車両にも普及して、
安価になってきました。自動車運転を快適に、安全にするための商品が開発され、
もっともっと交通事故も減ることを望みます。

●加齢による衰えを補う機能も早く出てきてほしいです。

       ***企画の一番搾り***

       『 役割転換 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。