みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

第2180号 新しい座席の分け方 ファミレス編 ~ 来店客がセルフ&フルを使い分ける ~

【企画公開日】2012 .4. 16.(月)

ファミレスに入ると喫煙席と禁煙席に分けられることがよくあります。
私は「禁煙歴40年」なので、もちろん禁煙席。

最近は、条例などで飲食店が全面禁煙席になる地域もでてきましたが、
おそらく多くの地域で全面禁煙になる傾向は避けられないと思われます。

そこで、もし、喫煙席と禁煙席が分けられていた店舗で、
今後、全面禁煙席に移行する時、こんなサービスを導入してはいかがでしょう。

▼『新しい座席の分け方 ファミレス編』

今まで、

「禁煙席になさいますか? 喫煙席になさいますか?」

というセリフを、

「セルフ席になさいますか? フルサービス席になさいますか?」

と変えます。つまり、禁煙席スペースを
「セルフサービス席」に改装いたします。

「セルフサービス席」では、

(1)オーダーはメニュー表を見ながら、お客様自身でオーダー票に書き込み、
   窓口まで持っていきます。
(2)窓口では、オーダー票を店員さんに手渡し、代わりに番号札をお渡しします。
(3)料理ができると番号札が呼ばれ、お客様自身が受け取りに行きます。
(4)料理が食べ終わると、食器を返却口に持って行き、会計を済ませます。
   ※会計はフルサービスと同じです。

ファストフード店であるシステムと似ていますが、セルフサービスにすることで、
人件費が下がりますので、メニューはフルサービスと同じでも価格は安く設定します。

また、セルフサービス席は「おひとり様」を想定した座席レイアウトにすることで、
座席の利用率をアップさせます。店舗側は、4人掛けテーブルに一人ずつ座り、
テーブルが空いていない(満席)ということは避けられます。

ファストフード店の感覚で気軽に一人で来店しながら、
ファミレスの料理が堪能できるサービス。

実際、やってみないといいのか悪いのか机上論ではわかりませんが、
今は「ファミリー」での利用ばかりではなく、一人での利用も多いので、
試しにやってみるのもいかかでしょうか?

一人でコーヒーを飲みながら、ゆっくり本を読みたい人は
フルサービスをおススメいたします。

       ***企画の一番搾り***

 『 来店客がセルフ&フルを使い分ける 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議