みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第2118号 どこでも通報ステッカー ~ みんなで協力して緊急事態を乗り切ろう ~

【企画公開日】2012 .1. 18.(水)

イタリアで大型客船の座礁事故が起きました。事故が起こると、その直後から
事故の様子や内部映像がネットやテレビで流れます。テレビの映像もネットのモノが
多いですが、これらは乗客が自分のケータイやスマホで撮影した映像です。

昨年、北海道で起きた列車事故でも、車内の火災の様子を撮影した生々しい映像が
ニュース番組で紹介されていました。こういう映像が事故原因究明に役立つこともあります。

ケータイやスマホの普及で、誰でもどこでも「通報(撮影)」できる手段を得ました。
そこで、こんなサービスを考えました。事故の被害を最小限に食い止めるには第一報が重要です。

▼『どこでも通報ステッカー』

●例えば、電車。

電車の各車両をはじめ、車両内でも前、中、後などに
下記のようなステッカーを貼ります。

———————————–
  ▲ 乗客緊急通報! ▲

万が一、車両事故やトラブルが発生しましたら
052-221-0000まで通報ください。

《あなたが乗車している電車情報》
 ◎車体番号 → 00000
 ◎乗車している車両番号 → 6両目
 ◎乗車位置 → 後方部
———————————–

●万が一、乗車中の電車で事故やトラブルが発生した場合、
このステッカーを見た人が自分のスマホから緊急通報をします。

●通報した時、素早く的確に情報が伝えられえるように
《あなたが乗車している電車情報》を載せておきます。

●これにより緊急通報を受けた機関が、どの電車にトラブルが発生したか、
素早く知ることができます。車掌より乗客の方が早く察知することもあり、
通報も早くなります。

●このステッカーは、電車だけでなく、客船や観光バス、旅館・ホテルほか、
テーマパークや大型施設でも使えます。

●いざ、事故が発生した場合、すかさず110番の警察に電話をしてしまうかもしれませんが、
イチから説明するより、専門機関に通報が行く方が対処が早くなると思います。

●なお、現場の写真や動画を送る送信先も掲載しておいてもいいかもしれません。
「百聞は一見にしかず」です。

       ***企画の一番搾り***

   『 緊急事態はみんなで助け合う 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議