みんなの企画部

2565

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2073号 年末の防災“定期便” ~ 思いはあってもなかなかできないので ~

【企画公開日】2011 .10. 27.(木)

今年もあと2ヶ月ちょっと。毎年この時期に言いますが、
早いな…とつぶやいてしまいます。

さて、年末になるといろいろな行事が目白押しですが、
その中の一つにお歳暮があります。個人同士のほか、
企業同士でもありますね。

そこで、こんなお歳暮はいかがでしょう。
企業にとっては、お菓子やビール、商品券より「ありがたい」と
思うのではないでしょうか?

▼『年末の防災“定期便”』

●勘のいい人はもうお分かりでしょう。
そう、年末に贈るお歳暮を「防災グッズ」にするのです。
それも企業が企業に贈るお歳暮に防災用品を贈ります。

●お水や非常食、電池や毛布、ラジオなど。
地域ごとの帰宅困難者用の地図というのもあると便利かもしれません。

●社員数が多い企業に人数分送ることは難しいですが、
数十人程度の小さい企業なら贈れますね。

●経営者も、万が一のために備えなければいけないと認識しつつ、
なかなかできていないのが現状ではないでしょうか。

●そのため、お歳暮という行事を活用して、
防災グッズを毎年、備え・交換します。

●「防災カタログお歳暮」もいいかも。通常のカタログギフトと
同じ仕組みで、いただいた企業経営者がカタログに掲載されている商品を
注文すると、防災グッズが会社に届くという仕組み。

●これなら企業ごとで必要な物、不足している物、
交換しなければいけない物が選べます。

●カタログは会社の規模(人数)に応じて違います。
そのため、贈る先企業に応じて贈る側はカタログを変えます。

●おそらくオフィスならではの防災グッズがあると思います。
電池式携帯充電器は必需品でしょう。女性用の運動靴もあると
便利かもしれません。停電時に社員に指示を出す為に、
拡声器があると心強いですね。

●喜びを与えるギフトではありませんが、
安心を与えるギフトとしていかがでしょう。

       ***企画の一番搾り***

     『 転ばぬ先に、ギフト 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。