みんなの企画部

2580

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2028号 「私の教科書」を作る ~ 実生活に近いほうが学びやすい ~

【企画公開日】2011 .8. 22.(月)

子どもたちの夏休みも終わりに近づき、どの家庭でも
宿題に追われる母と子の姿を思い浮かべると思います。

ご他聞に漏れず、我が家も同様に母と子たちが格闘しています。
何十年経ってもこの傾向が変わらないということは、
“人間の本能”なのかもしれませんね。

さて、私も少しは父親らしいところと思い、
小学三年生の息子の宿題を見ていました。

きょうは、息子の算数の宿題をみている時にひらめいたアイデアです。
もし、教科書に出てくる登場人物が「自分」だったら?

▼『「私の教科書」を作る』

●専用サイトから下記を入力します。

【質問01】自分の名前を入力してください。
【質問02】自分の学年を入力してください。
【質問03】仲のよい男友だちと女友だちの名前を3人入力してください。
【質問04】ご両親の名前を入力してください。
【質問05】お母さんとよく一緒に行くスーパーの名前を入力してください。
【質問06】今がんばっているスポーツを入力してください。
【質問07】学校の名前を入力してください。
【質問08】担任の先生の名前を入力してください。

以上、入力が完了したら、《完了》ボタンをクリックしたら、OK!
事前作業は終了です。

●その後、しばらくすると、自宅に本が届きます。
本は、実は学校で使っている教科書。(あるいは、参考書)

●ページを開くと、教科書に出てくる登場人物が
「自分(本名)」になっています。

さらに、友だち名もいつも一緒に遊ぶ友達ばかり。
お母さんと買い物に行くお店は近所のスーパーで、
学校名は、自分が通う学校の名前。

●そう、このサービスは、最初に必要事項を入力すると、
登場する主人公や生活環境が、実際の名称と同じ本を製作してくれるサービス。

●絵本などでは既にあるサービスで、顔写真まで入るようです。
まるで自分が主人公で絵本の世界にいるような気になりますが、
「学びの世界」でも自分が主人公で生活をしながら学ぶ方が
覚えやすいのではないでしょうか。

●国語の文学作品を替えることはできませんが、
算数や理科はできますね。社会も一部できそうです。

●架空の世界で起きることを頭の中で想像するより、
より考えやすいのではないでしょうか。

●教科書に登場する設定を文字変換することは簡単にでき、
オンデマンドで印刷すれば1冊からでもオリジナル教科書はできます。
電子ブックなら、より低コストでできそうですね。

●同じことを学ぶなら、自分が主人公で困難を勉学で乗り越えながら、
克服していく教科書の方が楽しく学べそうです。

●ビジネスマンの中でも難しい理論的なビジネス本より
物語性のあるビジネス本の方が売れる傾向がありますね。

***企画の一番搾り***

『 「自分が主役」をサービスに 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。