みんなの企画部

2567

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2027号 お盆のサービスアイデア ~ 年に一度の故人を偲ぶ会 ~

【企画公開日】2011 .8. 19.(金)

お盆休みが終わりましたが、ゆっくりできましたか?
私は、「私の実家」→「バーベキュー」→「妻の実家」の
慌しい3日間でした。

私の実家に行くと近所の大本家に集まり、親戚一同で
お経を読みます。これは毎年の行事。

今年も無事終わり、「あきひろくん(私)、また太ったんじゃない?」と
親戚のおばさんから言われるのも“毎年の行事”(?)。

さて、お盆とは一般に「ご先祖様の精霊を我が家に迎え供養して、
家族と亡き人が共に過ごす期間」だそうです。

そこで、お経を読みながらこんなアイデアを思いつきました。
ご先祖様を偲ぶなら、こんなサービスがあってもよさそうです。

▼『お盆のサービスアイデア』

●お盆で親戚一同が集まる際、
仏壇の周りに故人の思い出の品や写真を飾ります。

故人が写ったアルバムや愛読書を並べたり、趣味で作った作品を飾ったり。
仏壇の横にローテーブルを置き、並べます。

家族や子どもがあれこれと考えながら飾りますが、
それをサポートするサービスがあったら、いかがでしょう。

●最近の葬儀は故人の人柄がわかる演出をされます。
そのため、葬儀会社がこのサービスを請け負います。

お盆の前に、葬儀会社のスタッフと打ち合わせをして
どんな飾り方にするか相談します。

あるいは整理されていない写真があったら、
アルバムに収めるサービスもします。

ビデオもあったらDVDに編集しなおしたり、
お盆で親戚が集まった際に流したりします。

●「自分」を中心にして子ども(孫)たちが談笑している姿は
きっとご先祖様も喜んでくれるのではないかと思います。

●また、葬式の際に予めお盆で飾ることを想定して、
準備することもできます。葬儀会社がそういう配慮をしてくれたら、
なおありがたいことです。

●私は寂しがり屋なので、個人的にはいつまでも
多くの人の記憶の中であって欲しいと思っています。

***企画の一番搾り***

『 演出サービス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。