みんなの企画部

2750

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2022号 平常時に使える非常時グッズ ~ 普段使えないと押入れの片隅に…~

【企画公開日】2011 .8. 9.(火)

グッズ系が好きな私は、最近の非常時グッズにも注目しています。

今、最もてんこ盛りの非常時グッズとして、ラジオ、LEDライトは当たり前で、
扇風機付きからソーラーパネルまで付いています。また、USB充電ができる
優れモノまで現れ、非常時のケータイ&スマートフォン充電に心強い機能が
搭載されました。

(先日の1泊2日のキャンプでもスマートフォンでは充電が切れました…)

さて、非常時グッズの至れり尽くせりは素晴らしいのですが、
どうしても「非常時」だけでは買ったことすら忘れそうです。

そこで、単純なことなのですが、こんな機能はいかがでしょう。

▼『平常時に使える非常時グッズ』

●ラジオやLEDライトなどが搭載された「非常時携帯ラジオ」に
ケータイ&スマートフォン充電スタンドをつけてはどうでしょう。

●この「非常時携帯ラジオ」は、普段はコードでコンセントに繋がっています。
そのため、ケータイ&スマートフォンを所定の位置に置くと充電ができるように
なっています。

※ケータイ&スマートフォンの差込口は機種により選べます。

●そうすることで、ベッドの枕元に「非常時携帯ラジオ」を置いておき、
寝る前に「非常時携帯ラジオ」の充電スタンドに置いておけば、
寝ているうちにケータイ&スマートフォンの充電ができます。

●万が一、地震が発生し、すぐにその場を離れるときでも
「非常時携帯ラジオ」ごと持ち出すことができます。

●電源コードは、沸騰保温ポットのようにマグネットですぐに外れるタイプなので、
「非常時携帯ラジオ」をとっさに抱きかかえても安心です。

●いつも目に付く場所に置き、毎日頻繁に使うとしたら、
今はケータイ&スマートフォンの充電スタンドでしょう。

●そのためこの組み合わせは、特に枕元にはピッタリのような気がします。

●さらに、日常的に枕元に置くならもっとデザインをオシャレにすると
より人気が出そうです。

●例えば、ラジオ、LEDライト、充電スタンド、予備バッテリー、小型扇風機など、
それぞれキュービック式にして、好みによって組み合わせができるタイプだと、面白そう。
オリジナルの組み合わせができ、アレンジでも楽しめ、日常生活にも便利そうです。

●これからは「非常時」を常に念頭に置いた「日常生活」が求められる時代になりそうです。
区別するのではなく、融合していく必要がありそうです。

***企画の一番搾り***

『 非常時も平時も区別しない日常生活 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「大丈夫、策はある」コロナ禍時代の新ビジネス・アイデア55



「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」
二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議