みんなの企画部

2544

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1995号 ホーム IN My基地 ~「在宅勤務市場」を狙って~

【企画公開日】2011 .6. 30.(木)

カフェであったり、レンタルオフィスであったり、自宅であったり。

パソコンとネット環境があれば仕事ができるビジネスマンが
増えたため、ワークスタイルが多彩になりましたね。

間仕切りなしでオフィスをシェアしあうサービスもあるそうです。
社員の柔軟な働き方を推奨している企業もあり、こんな商品を
考えてみました。

男って、「自分の城」とか、「俺だけの基地」に弱いんだなぁ。

▼『ホーム IN My基地』

●幅120cm×奥行き120cm×高さ200cmサイズの木枠に
壁はロールカーテン。上部には空気の循環を促すファン付き。

標準的な机がすっぽり入る『ホーム IN My基地』。

●単純に自宅の机を木枠とロールカーテンで仕切っただけのワークスペースであるが、
自分の書斎がない方にはちょうどいい“秘密基地”。

●壁面には可動式の棒(板)が付属品として付いているので、カバンやスーツをかけたり、
書類を挟んだりもできます。オプションの棚を使えば、プリンターだって
基地内に設置することもできます。

●ロールカーテンはホームセンターなどで市販されている商品が使えるので、
自分の好みの色や柄を組み合わせて使うことができます。

白のロールカーテンにして小型プロジェクターで投射することも可。
ネットから風景や絵画、デザイン画をダウンロードすれば、まさに俺だけの空間。

●こういうアレンジできる商品は自分の基地を自慢し合い、情報交換し合えば、
さらに盛り上がりますよね。

●備え付けの机と椅子が付いているタイプがあってもいいかも。
木は国産の間伐材を使えば、国産の消費にも繋がります。
耐震設計にすると、ごっつ過ぎるだろうか。(笑)

●そんな思いにふけりながら、「ホーム IN My基地」はいかがでしょう。
女性には理解できないかもしれないが、“秘密基地”は男のロマンでもある。。。

●壁に傷をつけない間仕切り商品もたくさんありますが、
大きなプラモデルを作る感覚でキットになっていると、男心をくすぐりそうです。

●できればサラリーマンの平均的な小遣いで買える金額なら、なお嬉しい。
ターゲットは30~40代の既婚で、子どもに部屋を取られた男性(私のこと)。

***企画の一番搾り***

『 在宅勤務市場 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。