みんなの企画部

2611

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1956号 「ランチ」サポートサービス ~しのぎを削るランチ戦争~

【企画公開日】2011 .5. 6.(金)

「儲からないけど、やらないよりはマシだね…」

知り合いの飲食店の店主の“嘆き”。

オフィス街ほど、競合他社が多く、価格もシビア。
「激安弁当」が登場してからは、さらに激化。

(個人的には、味はそこそこでもガッツリ食べれると嬉しいなぁ~)

きょうは「ランチ」をテーマにこんなサービスを考えてみました。
▼『「ランチ」サポートサービス』

1.食器の置き場所が要らない
2.料理を提供しやすく、さげやすい
3.店内で洗わなくてもいい
4.広告付きで費用が安くなる。

上記は、「ランチ」サポートサービスが提供するランチ専用の食器のこと。

●[1]は、食器を毎日、ランチタイム前に届けて、ランチ後に回収に行くから、
ランチ用のお皿を収納する場所を確保しなくてもいい。

●今のお店はぎりぎりまで効率化されており、収納スペースが少ない。
新たにランチを始める店舗には、ありがたいサービス。

●また、ランチ後は残飯をお店で取り除くだけで、
[3]食器の洗浄は業者が回収後、集中的に行います。

そのため、食器洗いの人件費から光熱費、水道費も節約できます。

●食器はトレイタイプ(仮)なので、料理を乗せてお客様のテーブルまで
運びやすく、また、回収しやすいので、店員の労力が軽減されます。

●これも人件費の削減になるほか、片付けが早くなると客の回転が早くなり、
収益力を向上させます。ランチタイムなどは時間が限られるため、
わずかなロスタイムも無駄にできません。

●最後の[4]は、トレイの上に広告を載せたらサポート費用が軽減されます。
もちろん、オーダーをすれば自店の広告も載せることができます。

●価格競争にも限界がありますので、
他の作業を効率化するためにこんなサービスもいかがでしょう。

●料理をのせる器もサービスの一つですが、味で勝負するということで
こういうサービスを提供するのも一つです。

    ***企画の一番搾り***

 『 勝負どころを見極める 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議