みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1945号 新カテゴリー「通勤快適店」 ~「通勤」に特化した専門店~

【企画公開日】2011 .4. 15.(金)

通勤など外出時に身軽な装いを選ぶ人が首都圏を中心に増えている。
長く歩いても疲れにくい靴や、両手が自由にんるバッグなどの売れ行きが好調。
根強い健康志向に加え、東日本大震災の影響による節電対策や交通の乱れに
対する「備え」の心理も働いているようだ。(日経2011.4.15)

「通勤」は社会人なら誰しも毎日経験する“苦痛”の時。
特に満員電車で通勤している人は毎日憂鬱ではないでしょうか。

不満もいっぱいあるだろうし、少しでも快適に過ごしたいと思う人が
きっとたくさんいらっしゃるでしょう。

そこで、こんなカテゴリーのお店って、どうでしょう。
もしあったら、一度覗いてみたくなります。

▼『新カテゴリー「通勤快適店」』

●その名の通り、「通勤」に特化したお店。
コンセプトは、通勤時間を快適に過ごすグッズを販売すること。

●ジャンルは、

 【電車通勤】
 【自動車通勤】
 【自転車通勤】
 【ウォーキング通勤】

に分かれています。

●それぞれのジャンルには、

 ◎ファッション
 ◎シューズ
 ◎バッグ
 ◎エンタメ

などのカテゴリーの商品が品揃えしています。

●例えば、夏の暑い時期の満員電車でも快適に過ごせる服装から、
荷物が押されても崩れないバッグや踏まれても痛くない靴、
気持ちがイライラしない音楽など。

●興味本位でも、もしこんなお店があったら、
一度は覗いてみたくなりますね。

●もちろん、なぜ「通勤が快適になるのか」という“裏づけ”情報も
重要になりますので、しっかり商品にはPOPをつけて説明します。

●商品だけでなく、もっとも安く通勤できる方法やダイエットしながら
通勤する方法など、情報も組み合わせたら、もう立派なお店になります。

●今まではモノのカテゴリーのお店が多かったですが、
こういう「生活時間帯」の切り口で商品・情報を集めて品揃えをしたら、
ショッピングの幅が広がりますよね。

●ひょっとしたらネットショップにはすでにあるかもしれませんが、
ぜひ手にとって体験できる実店舗で実現してほしいです。

●毎日の「通勤苦痛」はニーズとして十分です。
市場規模もかなり大きそうです。

    ***企画の一番搾り***

 『 生活時間帯でジャンル分け 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議