みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第1922号 一応見直くん ~確認するためにも必要です~

【企画公開日】2011 .3. 7.(月)

「日本人の加入率は30%とかなり低い」

これは、海外旅行保険。日本人の加入が低いのは、クレジットカードに
付帯される保険を頼りにしているからとみられています。

海外旅行添乗員いわく、「カードごとに補償内容は千差万別で、死亡以外は
補償対象外だったり、ケガなどの治療補償に上限があったりします」

実際、あなたは補償内容をご存知ですか?

日本旅行業協会では昨年12月、啓蒙ポスターを一万部作成し、配布したそうですが、
それよりこういうサービスの方が加入者が増えそうです。

▼『一応見直くん』

////ここからはフィクションです////

旅行代理店の窓口で海外旅行への手続きをしている時のこと。
窓口担当者に

「海外旅行保険の加入はよろしいですか?」

と言われたので、

「大丈夫です。カード会社の保険がありますから」

と答えました。すると、窓口担当者がiPadを手に、

「こちらにご加入のカードと必要事項を入力すると、
 適用される補償内容をクイズ形式で確認することが
 できますので、ぜひ、お試しください」

私は、少し面倒臭そうに入力し、【クイズスタート!】をクリックしました。
すると、イラストが出てきました。

《クイズ》
1.状況説明がイラストで表示
2.事故(病気)が発生します
3.処理(治療)が終わる
4.ここで質問文がでてくる
5.答えは○か×か

私は、画面を観ながら、○と答えると、

6.答えは「×」

「えっ、こんなことでも補償されないの?」

窓口担当者は言います。

「国内の自動車保険のように、至れり尽くせりと勘違いされている方が
 いらっしゃるので気をつけてくさい」

////フィクションはここまで////

●さまざまな付帯サービスの海外旅行保険のデータを入力しておき、
旅行先の国や事例を踏まえて、クイズ形式で補償内容が確認できる
ソフトサービス(アプリ)があると便利ですよね。

●実際、保険内容は文章で読んでもよくわかりません。
状況を踏まえて補償内容が確認できると嬉しいです。

●また、プライバシーには配慮し、本人の持病などについても入力し、
補償されるのかどうかも確認できると新たに加入すべきか、判断できます。

●脳梗塞で約2週間入院して1000万以上の経費がかかった事例もあるそうです。

●自動車保険でも事故が起こった時に、慌てることが多く、
普段から意識していることはありません。

●海外旅行の時は、多少強制的にでも『一応見直くん』のような
保険見直しサービスを利用していただくのはいかがでしょう。

●しっかり認識した上で「私は要らない」という方には加入は必要ないと思います。

   ***企画の一番搾り***

   『 再確認サービス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議