みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1887号 撮る“お守り” ~携帯しやすさは、ピカイチ?~

【企画公開日】2011 .1. 14.(金)

初詣に行った時のこと。

毎年悩むのが、お守りの価格。日ごろの行いが悪いせいか(笑)、
つい神頼みで高いお守りを買ってしまう…。(まぁ、気持ちの問題ですから)

しかし、こういう見方はよくないですが、
神社のお守りって、“いい商売”ですよね~。
(職業病と思って、お許しください)

そこで、こんなアイデアを思いつきました。
持ち歩くには、現代にマッチしていいかも?

▼『撮る“お守り”』

////ここからはフィクションです////

家族で初詣に行きました。行き先は、地域でも人気の神社。
たくさんの参拝者がいて、境内はごった返しています。
子どもたちとはぐれないようにしっかり手を握って本殿に向かいました。

すると、本殿脇でたくさんの方が携帯電話を向けて、
写真を撮っています。

私(おいおい、あんな所で写真を撮っていいのかなぁ)

と思いつつ、興味津々で近寄ってみました。

私は人ごみを掻き分けて覗いてみると、
小さな祠にはとてもにこやかな笑顔のお地蔵様がいました。

そして、その祠の横には、こんなことが書かれていました。

——————————-
    ◎撮るお守り◎

携帯電話で撮影して、写真をお守り
としていつも持ち歩いてください。
——————————-

へぇ~、面白いね!

私も大勢の人に混じって、撮影をしました。

私「確かに持ち歩くと良いことが舞い込んできそうな気がする♪」

私は、撮影後、お地蔵さんの前に置いてあった賽銭箱に
少し多めのお賽銭を入れておきました。

////フィクションはここまで////

●“被写体”は、神々しいお社などもいいですが、
眺めても心が温かくなるようなお地蔵さんがいいかもしれませんね。

●撮影は無料ですが、お賽銭箱を入れておけば、
日本人は入れてくれると思いますよ。

●また、お札(有料)を用意しておき、お札に自分の名前を書いて、
お地蔵さんの横において撮影したら、よりご利益があるかも。

●写真が多くの人に転送されることを見越して、
お地蔵さんの下に神社名を入れておいたら、
パワースポットとして、人気の神社になるかもしれませんね。

●交通安全や恋愛成就など、いろいろな“被写体”があると、
面白そうです。また、季節ごとに変化したり。。。

●何だか、こんなことを考える私は、
今年いいことがないかも…。

   ***企画の一番搾り***

   『 時代に合わせて変化 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議