みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , , , ,

第1826号 四季彩食カレンダー ~一冊2400円ですが…、お得!?~

【企画公開日】2010 .10. 5.(火)

一般の人には少し早いですが、制作現場ではすでにピークを
迎えているカレンダー制作。

今年も弊社では日めくりカレンダーを制作しました。
今年で5作目。過去4作で販売総数1万2千冊以上の人気商品。

今年も心に響く言葉が満載です。ご期待ください。

さて、宣伝はここまでにして(笑)、日めくりカレンダーを制作しながら、
こんなカレンダーのアイデアを考えました。
その月が終わるのが楽しみのカレンダーです♪

▼『四季彩食カレンダー』

●カレンダー一冊2400円(税込)。

グラビアアイドルのカレンダーでもないのに
少々高めの値段です。しかも、卓上カレンダー。

毎月の季節風景の写真とスケジュール表の紙面。

●なぜ、こんなに高いのでしょう。
理由は裏面にあります。

このカレンダーの風景写真は、その土地の、その月の特産物を
生産している、または収穫している写真。

1月の特産物から、2月、3月と、季節ごとに写真で幻想的に、
かつダイナミックな写真で表現されています。

その特産物の収穫している月のカレンダーの裏面が、
実は、その特産物の【試食券】になっています。

●例えば、9月が終わりました。
9月の写真は、桃。

桃がたわわに実った果樹園の風景写真を見終わった9月30日(解禁日)に
我慢仕切れない様子でカレンダーの裏面に必要事項を記入し、投函。

すると、1週間ほどして真空パックにされた切り分けられた桃が届きます。
もちろん、試食なので費用は無料。※投函の際の切手代は自己負担。

もし、試食して気に入れば電話して注文番号を言えば、
すぐに桃の詰め合わせセット(有料)を送ってくれます。

●つまり、カレンダーには12回分の試食券がついていて投函すれば
少しずつその土地の名産品が季節ごとに食べられるという仕組み。

●カレンダーを眺めながら、食べたい気持ちを抑えつつ、
試食券を使って試食したら、きっともっと食べたくなりますよね。

●まちおこしや地域振興にいかがでしょう。
ギフトとして贈っても喜ばれるかも。

●欲しいモノがすぐに手に入る時代ですが、
待ちに待ったモノが手に入る喜びを味わうのもこのサービスも醍醐味。

旬は見て待て。

   ***企画の一番搾り***

 『 “待ち遠しさ”もサービス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議