みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第1797号 バス・コミュニケーション ~みんなで社会貢献して、バスを借りよう♪~

【企画公開日】2010 .8. 23.(月)

部活の遠征費を稼ぐために、部員全員でアルバイトをする。
そんな映画やドラマのような話が実際にあるらしい。

あるテレビ番組では部費を賄うために地元農家の農作業を
手伝う学生を紹介していました。

単にお金を稼ぐというだけでなく、社会勉強になり、部員のチームワークもよくなり、
部費や遠征費を大切にするということも体験できるそうです。

そこで、ちょっと大人の“あざとい”考えですが、
こんなサービスっていかがでしょう。

▼『バス・コミュニケーション』

////ここからはフィクションです////

実家の両親が旅行に行ってきたと、お土産を持って我が家に来ました。
近所の仲良い夫婦5組で行ったそうで、とても楽しかったそうだ。

私「みんな仲のよい人ばかりだから、それは楽しかっただろうね。
  バスツアーで行ったの?」
父「今回は違うんだよ。小型バスを貸しきっていったんだよ!」
私「それは豪勢だな」
父「いやいや、バス代は払っていないんだ」
私「え!?」

父いわく、こういう仕組みでバスを“タダ”で借りたそうだ。

 1.バス会社に(旅行の)目的地、人数、日程を伝える

 2.すると、バス会社から必要なポイント数が提示される

 3.利用者はポイント数を得るために、バス会社が紹介してくれる
  「社会貢献ワーク(仕事)」をします。
  ※「社会貢献ワーク(仕事)」とは、個人をはじめ、企業などが
    簡単にできる仕事をバス会社に依頼します。

 4.ポイントが貯まると、バスが貸切で利用できます。

父「バス会社の運転だから安心だし、気兼ねなく飲酒だってできるだろう」
私「なるほど。レンタカーを借りると、誰かが運転しなければいけないし、
  運転が代われる人がいないと、遠くもいけないな」
父「また、単に旅行に行くだけじゃなく、行く前からみんなで協力し合って
  ポイント稼ぐから、楽しいのよ。俺たちの世代には、結構、時間のある人も多いし。
  これをキッカケに、ボランティア活動を始めた友達もいるよ」

●バス会社は、自社のバス利用促進からバス旅行の楽しさを知っていただくのを
目的としているため、利用費(ポイント換算)は通常価格より安めに設定しています。

●「社会貢献ワーク(仕事)」を依頼する側も、草引きや庭木の剪定、農作業など、
業者に依頼するよりや安価でできます。何より信頼できる地元企業(バス会社)に
依頼できる安心感もあります。

●利用する側も現金収入よりも働きやすく、ボランティアよりも照れがなくできます。

●地域通貨やボランティア活動が社会に浸透してきましたが、
こんな経済活動とボランティア活動が一体になったサービスもいかがでしょう。

   ***企画の一番搾り***

  『 心とお金が回る仕組み 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議