みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第1750号 就活はRスーツで ~何も新品でなくてもいいのです~

【企画公開日】2010 .6. 14.(月)

図書館のない町で図書館を作りたくて、古本を募集したところ、
全国からたくさんの本が集まったという。読まなくなった本を読んでくれる人に届ける。
とてもいい話です。

さて、今、就活が大変です。就活が長期化し、スーツの購入や交通費など
就職活動全般を通じてかかった費用が前年比2割増だそうです。

「今年はさらに2~3割程度増えるのではないか」(日経2010.04.16)

という。そこで、こんなサポートの仕方はいかがでしょう。
こういう時こそ、“先輩風”を吹かせてください♪

▼『就活はRスーツで』

自宅に一枚のハガキが届きました。
もう15年以上前に卒業した大学からです。

ハガキの内容はこうです。
——————————————
着なくなったスーツはありませんでしょうか?

もし、ございましたら大学までお送りください。
就活に励む在校生が喜んで着させていただきます。

※多少痛んでいてもかまいません。
学生サークルで一つ一つ修繕いたします。

※大変申し訳ございませんが、送料はご負担ください
——————————————

このハガキを最初に目にした妻が、

妻「最近は、内定がなかなかもらえず就職活動もお金がかかって、
  大変だそうよ。スーツも夏用、冬用が必要になるそうで、
  新品一着というわけにはいかないみたい」

私「そうだなぁ。卒業以来、母校に貢献していないから、
  着なくなったスーツを送るか」

妻「そうね、随分体型が“よくなった”から、せっかく買ったスリムスーツが
  着れなくなったし~」

私「…。」

スーツは大学に届くと、学生たちが仕分けして修繕が必要なスーツは修繕し、
小額で販売します。販売するのは学生たちのバイト代と買うことで大事にして
もらいたいからです。

修繕ができないスーツは、古着としてリサイクル業者に回収してもらいます。
スーツは女性用でも男性用でも、ビジネス鞄や靴でもOK!

靴や鞄も、最近は修理する人が増えていますので、修理グッズもホームセンターなので、
手に入ります。修理の仕方は専門業者に教えてもらい、学生たちが修理します。

先輩から贈られ、学生たちが一生懸命修繕したスーツなら、
面接の時、少し勇気が湧いてきますね。

バブルを経験した私たち世代より、エコや社会問題に関心が強く、
古着もファッション感覚の今の学生だったら、抵抗がないのではないでしょうか。

   ***企画の一番搾り***

   『何もないから知恵が出る』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議