みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1673号 自分史全国マップ ~私はいつ、どこで、何をした?~

【企画公開日】2010 .2. 18.(木)

知っていれば無料、知らなければ有料。

インターネットはそんな世界。ケチな私はできる限り、
周りの“親友たち”に迷惑をかけながら聴きまくり、
無料のサービスを駆使する。

そんなインターネットサービスですが、
こんなサービスがあったら、面白そう。

「仕掛ける側」も攻めやすい?

▼『自分史全国マップ』

IDとパスワードを入力します。
MYページを設定した後、自分の住所と年齢を入力します。

そして、生まれてから今までの旅行先を入力していきます。

◎1歳の時、家族で静岡県浜松市○○へ旅行
    :
◎保育園の年中の時、長島スパーランドへ
    :
◎小学4年生の時、社会見学で三重県○○市へ
    :
◎中学生の2年生の時、修学旅行で京都・奈良へ
    :
◎大学2年生の時、自転車で日本縦断

など、思いつくまま一通り入力していきます。

入力する時は、年代ではなく「小学3年生」などと
入力できるのが便利。入力が終わると、[完了]をクリックすると、

『自分史全国マップ』が完成!

画面上部に年表が表示され、画面中央から下部にかけて、
日本地図。行った先が色分けされていて、写真をアップすると、
画像も表示されます。デジタルデータ化された動画があれば、
アップすれば見ることができます。

この『自分史全国マップ』は、自分の歴史だけでなく、
その年に起こった出来事を地域別で表示してくれます。

そのため、小学2年生に起こったことも自分史の年表の「小学2年生」に
カーソルを合わせると、日本地図上に出来事が表示されます。

「へぇ~、こんなことが愛知県では起こっていたんだ!」

この『自分史全国マップ』は親や友達と“合体”することもできます。
自分の歴史を人と比較すると、とても面白そうです。

また、歴史だけでなく、“未来”についても表示できます。
そう、人間は空白地があると、埋めたくなるもの。

行ったことがない地域の最新情報が画面に表示され、
旅行に行きたくなる衝動が生まれます。

その人の「いつ、どこで、何を」がわかるので、さまざまな情報が
提案できますよね。ビジネスとして活用できそうです。

また、本にすることができると、人生の区切り目に「自分史」を
作ってみたくなります。地図が自分史の「舞台」になるので、
また違った“歴史感”が生まれそう。

   ***企画の一番搾り***

   『新しい価値観を作る』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議