みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1620号 「早でん」がお得 ~みんなで早朝電車に乗ろう!~

【企画公開日】2009 .11. 20.(金)

いつも始発の電車で出勤します。始発電車は乗客が少なく、
ゆったりと快適に通勤できます。ぜひ、おススメ。

私にとっては朝の通勤時間は、とても貴重な時間です。
というのは、「ひらめく」には最高の時間だからです。

前日に解決できなかった課題をメモ帳に残しておき、
朝、電車に乗った瞬間にメモ帳を開き、再び考え始めます。

すると、不思議なくらいヒラメクんです。
脳科学的にも理にかなっているらしいですが、この方法もおススメ。

さて、朝の通勤ラッシュを緩和するために、早朝の電車で通勤すると
ポイントがもらえたり、駅周辺の飲食店で割引されたりするサービスを
小耳に挟んだことがありますが、こんなサービスもいかがでしょう。

▼『「早でん」がお得』

早朝の電車に乗り始めて半年がたちました。
最初は辛かったのですが、慣れるとこれほどいい“書斎”はありません。

早起きが健康にも心理的にもいいだけではありません。
電車が空いていて、本を広げて勉強することだってできます。

『そして、何より新聞は「無料」で読めるし、
 曜日により「有料雑誌」も無料で読めます』

えっ、無料で!?

そう、私が通勤で使っている電車は、通勤ラッシュの緩和策として、
始発から朝6時半までの電車の乗客には無料で新聞が読めるサービスがあります。

新聞の自動販売機が駅構内に設置してあり、
そこに定期券をかざすと、新聞がでてきます。

自宅でも新聞は購読していますが、駅では違う新聞を読んでいます。
こんなお得なことはありませんよね。

また、曜日によっては有料雑誌も新聞のように無料で読むことができます。

普段読まない新聞や雑誌を読むと、連載記事や紙上企画が気になり、
自分で購入することもしばしばあります。

※新聞や雑誌は常に入れ替わります。

●これらの新聞や雑誌は、鉄道会社が出版社から安く買い取り、
定期券を持つ乗客に早朝のみ提供しています。

●早朝電車の空いている“メリット”を活かしつつ、
通勤時の混雑の緩和を狙ったサービスです。

●出版不況で購読者を減らし続けている新聞社や出版社を
助ける意味もあります。スポンサーの援助の意味合いもあります。

●早朝出勤する人はポジティブな人が多く、購読層としてもベスト。
また、朝目にする情報は脳に残りやすいとも言われています。

そのためにもこんなサービスはいかがでしょう。

●自販機販売なら設備費はかかりますが、時間制限もしやすく、
ホームに置いておくと、

 ———————————
  『早でんで新聞を無料で読もう』
 ———————————

と宣伝でき、混雑を避けて早く電車に乗る人が増えるかもしれません。

●もし、こんなサービスがあったら、早く起きてみたくなりませんか?

 ***企画の一番搾り***

『早朝サービスはまだまだ未開拓』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議