みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第1522号 通勤菜園 ~どこでも農地農園~

【企画公開日】2009 .6. 19.(金)

ウィッテムが入居する長者町えびすビルPART3の2階には、
大学の研究室が入居しています。ビルのある「錦2丁目」のまちづくりが
研究テーマだそうだ。ステキな街へ変わっていくことを期待しています。

そんな研究室からの「小耳情報」によると、
錦2丁目にある駐車場を緑化しようという計画があるという。

とってもユニークなのですが、やっぱり資金が問題だそうだ。
広告ビジネスや企業の社会貢献事業に乗っかるビジネスモデルでは、
不景気で企業が「や~めた」と言えば、アウト。。。

そこで、こんな方法はいかがでしょう。
今、ベランダで野菜を作る人が増えているそうです。

▼『通勤菜園』

●私は「通勤菜園族」です。

●その名の通り、通勤途中に“My農園”へ行き、野菜いじりをして
会社へ向かいます。でも、農園と言ってもただの農園ではありませんよ。

●私の農園のある場所は、なんと会社の近くの駐車場。
私は、その場所に4つの「土地」を借りています。

●「土地」と言ってもプランターです。このプランターは壁面に付いていて、
縦に四つ並んでいます。他の方のプランターも並んでいるので、
いわば壁面緑化ですね。

●小さい土地(プランター)ですが、いろいろできるんですよ。
一番上の時はトマト、二段目はピーマン、三段目はなす、一番したはオクラ。

●並んで作っているので、とってもカラフルで眺めているだけで、
楽しいですよ。もちろん作る方はもっと楽しいですが(笑)。

●全くの初心者でも家庭菜園を教えている教室の先生が
指導してくれる(有料)ので、気軽にできます。

●狭いプランターなので、作りやすい野菜と作りにくい野菜がありますので、
その当たり、丁寧に教えてくれます。

※駐車場には水道があり、土や肥料など必要な物はネットで注文しておけば、
その場所まで配達してくれます。

●こんな小さな「土地」でたくましく育つ姿をみると、
毎日、通勤が楽しくなります。

●私の友人は、昼食時間も自分の「農地」に行って、世話をしています。
そして、収穫してお弁当と一緒にたべているんですよ。

●これも農地が近所にある特権でしょうね。

●ヒートアイランド現象など、これからますます街中が暑くなることが
予想されますので、街の緑化は大きなテーマになると思います。

●しかし、どうしても自治体の補助金や企業の社会貢献事業などが
資金源になりがちです。プランターに広告を載せるというモデルも
ありますが、どれも景気に左右されやすく、不安定です。

●お金が循環する自立したサービスが結果的に社会貢献につながると、
とてもステキなことですね。

         +++++ 今日の企画一番搾り +++++

       『 喜びは分かち合い、負担は支えあう 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議