みんなの企画部

2750

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1477号 ナンバー“文字る”くん ~覚えやすいだけで、一歩リード~

【企画公開日】2009 .4. 13.(月)

耳に残る「電話番号」って、ありますね~。
上手に文字ってあり、CMや通販番組などでは定番です。

弊社の電話番号も何か覚えやすくしたいのですが、
アイデア、企画に関して“文字る”ことは
できないかなぁ。。。

 【052-221-5661】(フーフー…、難しい…)

そこで、きょうのネタ。
こういうのが得意な人っていますよね~。

▼『ナンバー“文字る”くん』

巣篭り消費を狙って、友人がデリバリーのお店を立ち上げました。
その友人からの相談です。

友「コジマくん、うちの電話番号をさ、覚えやすく文字れんかなぁ?」

コ「私は、そういうのは苦手で…。でもいいサービスがありますよ」

と紹介したのが、『ナンバー“文字る”くん』。

このサイトに登録すると、ユーザーが自社の電話番号を上手に
文字ってくれます。

友「お~、面白いね! どうやって依頼するの?」

コ「ここは賞金制だから、魅力的な賞品や賞金だと、
  応募件数がたくさん増えるよ」

登録する場合は、電話番号はもちろん、自社のホームページあるいは
会社概要がわかる資料を登録ページにアップします。

電話番号は、問合せ用、資料請求用、注文窓口など、タイプによって
文字り方が変わってくるので、その点も明確に表記します。

また、文字り方も歌にしたいのか、キャッチコピー風か、
標語風かでも依頼項目に入っています。

そして、希望の文字り方を伝えて、ホームページにアップし、
応募期間を待ちます。

業種によっては電話がインターネットより重要なツールであることも
あります。通販でも「今すぐ」という時は、電話の方が便利ですからね。

懸賞好きな人や公募好きな人がいます。
駄洒落が得意な人が向くかもしれません。

自分でできないことは、多くの人の知恵を借りるが一番です。
最初に多少お金がかかっても、重要なブランド力を発揮することもあります。

こんな知恵を集めるサイトがあると、面白いなぁ。

         +++++ 今日の企画一番搾り +++++

           『 みんなの知恵 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「大丈夫、策はある」コロナ禍時代の新ビジネス・アイデア55



「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」
二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議