みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第1259号 シェルター・ベッド ~プラットフォーム化で新市場~

【企画公開日】2008 .5. 14.(水)

昨晩、ベッドで寝ながら考えていました。

 (もし、今、大地震がきたら…、あれが落ちてきて…)

「夜は暗い話をするな」と日本一有名な“ばあちゃん”が
言っていましたが、暗闇で考えると独特の思考状態に陥りますね。

でも、大丈夫です。最後は明るいアイデアになって、
すやすやと眠りにつきましたから。

▼『シェルター・ベッド』

●おとぎ話に出てくるお姫様ベッドをご存知の方も多いでしょう。
あのベッドをイメージしながら、四本の支柱がとっても丈夫な柱だったら、
どうでしょう。

●そして、支柱が梁でつながり、家の骨格のようになったら、
万が一、タンスが倒れてきても、天井が落ちてきても支柱で支えられ、
安全が確保されます。

これが『シェルター・ベッド』

●しかし、『シェルター・ベッド』は万が一の時に活躍するだけでは
ありません。

 ◎枕元にプロジェクターを設置して、天井部分に映写したら、
  寝ながらしてDVDが鑑賞できます。スピーカーを支柱に
  付けたら、より臨場感がでます。

 ◎テレビをつなげたら、深夜番組を観ながら、
  眠りにつけます。

 ◎パソコンをつなげて、ワイヤレスのキーボードを使えば、
  寝ながら仕事やインターネットができます。

 ◎寝つきの悪い人は、癒し効果のある環境音楽を流しながら、
  海の中にいるような光の映像を天井に映し出します。

 ◎夏は蚊帳をつけることができます。

 ◎支柱にフックを付け、避難用具をぶら下げたり、
  懐中電灯を常備することもできます。

 ◎装飾を施したら、森や南国にいるイメージで
  眠りにつくことができます。

●まぁ、アイデアは尽きませんが、『シェルター・ベッド』が
普及したら、いろいろな商品やサービスが生まれそうですね。

●万が一だけではもったいないです。

     +++++ 今日の企画一番搾り +++++

       『 非常時と平常時 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議