みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1182号 ケータイ動画CM市場 ~同じCMでは、面白くない!~

【企画公開日】2008 .1. 21.(月)

“ケータイ”の進化について行けていますか?

「ワンセグケータイ」が普及し、ケータイで動画を観ることが、
珍しいことではなくなりました。

メディアが増えるということは、それだけ消費者との接点も増えますが、
その分、コンテンツを制作する負担も増えます。

そこで、ケータイへの動画CM制作に、こんな仕組みはいかがでしょう。
▼『ケータイ動画CM市場』

A「俺さ、この商品を使った面白いCMを考えたんだ」

●Aは楽しそうに私に言います。実際に、ケータイの動画撮影機能を
使って“自主制作”したCMを見せてくれました。

私「なかなか面白いじゃん!」

●Aは早速投稿するという。投稿先は、『ケータイ動画CM市場』。
Aは、携帯電話を使って、私の目の前で投稿しました。

しばらくして、Aから連絡がありました。

A「おい、この前のCMさ、“準採用”になったよ!」

●「準採用」とは、『ケータイ動画CM市場』が作品をメーカー側に送り、
メーカー側が採用したい、と通知があると「準採用」となります。

●あとは、CMに登場する人物などの肖像権をクリアされれば、
本採用となるそうです。そのために、本人確認など手続きを踏みます。

●Aは、中堅の広告会社に勤める広告マンです。普段は、なかなか
“企業格差”で提案できないジレンマをこのサイトを通じて提案するという。

●企業側もメディアが増える分、それぞれのメディアに適したコンテンツ制作が
必要になります。インターネットの動画もテレビCMの焼き直しでは、
通用しなくなりました。

●そのため、ケータイに適した動画CMを、消費者に作ってもらうという発想が、
『ケータイ動画CM市場』です。

●一般消費者をはじめ、CMクリエーターの卵からタレント候補まで。
そういえば、あの芸人は、ある動画サイトで人気になったことが、
ブレイクのキッカケでしたね。

     +++++ 今日の企画一番搾り +++++ 
 

     『 素人発想を活かす場 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議