みんなの企画部

2711

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

04販売企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

【第3,676号】《 ショップスタッフ・ショップ 〜 「あなたから買いたい」が叶う 〜》

【企画公開日】2020 .6. 1.(月)

小島の企画“生”ノート*2021年の妄想*
〜1年後の“きょう”を発想する〜

[発行:2020_06_01]

No.62/100【第3,676号】《 ショップスタッフ・ショップ 〜 「あなたから買いたい」が叶う 〜》

ふらっと駅ビルにある家電量販店に入る。気になる商品があり、店員に話を聞く。一生懸命に商品説明をしてくれて、欲しくなった。しかし、衝動買いをするには少し高価、迷う。他店の価格も気になる。でも、買うならこの店員から買いたい。

そこで、こんなサービスを考案。「出会い」が売り上げにつながる仕組み。

<ショップスタッフ・ショップ>
(1)店員から丁寧な商品説明を受ける
(2)客「商品が高額なので、今すぐは買えません。しかし、買うならあなたから買いたい」と言うと、
(3)店員「ありがとうございます。では、私の名刺(QRコード)に私専用のショップがあります。そちらに今回の商品を載せておきますので、ご購入される時は専用パスワードを入力後、こちらからお買い求めください」※専用パスワードは名刺に手書きで書いてくれる
「あるいは、私がお店にいる時間が記載してありますので、お店にお越し頂くときは声を掛けてください」
(4)店員の名刺の裏面には、商談で提示してくれたサービス特典が記載してあり安心
(5)店員専用のショップで買うとその店員への評価が上がる仕組み

ショップをのぞいたら接客した店員からのメッセージがあったら、なおさら「あなたから買いたい!」と思わせる。一回の来店で一生のお客になる可能性も。

少なくなる来店者数(回数)の中で店員とお客様の距離を縮める手段としてネットを活用する。

◆◆◆発想の起点◆◆◆
『ファン心理』

小島:答え合わせは1年後

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議